アンチエイジング(抗老化)とは、具体的にコレをすること

「アンチエイジング」とは、何のことでしょうか。日本語に直訳すれば「抗老化」「抗加齢」。
英語では最近、「サクセスフルエイジング」「ウェルビーエイジング」「スローエイジング」など、さまざまな呼び方も広まってきています。

アンチエイジング

アンチエイジング(抗老化)の由来

昔から「不老不死」は人類の夢でした。しかし現代のアンチエイジングは、若々しさや美しさ、健康をキープして、少しでも老化や加齢を遅らせることを指しています。 実際、日本抗加齢医学会で発行しているアンチエイジング医学の教科書には、「元気で長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学」であると定義されています。

現代のアンチエイジングの考え方は、どのように広まっていったのでしょう。

始まりは1,990年7月。アメリカのRudman博士らによる「60歳以上の健常男性を対象としたヒト成長ホルモンの臨床的効果」という研究が医学雑誌に発表されました。人間の老化のメカニズムを明らかにしようとしたこの研究が、Anti-Aging Medicine=抗加齢医学の始まりとされています。1,998年ごろからは、一部の美容形成外科医が「アンチエイジング」という言葉を美容外科の間で使い出しますが、当時は「抗加齢医学」としてのアンチエイジングではなく、“若々しい見た目作り”を主とした美容医療(フェイスリフトや脂肪吸引等)に対して使われる言葉でした。

日本でアンチエイジングへの注目が高まったのは、2,000年から。4月に東京で行われた「第3回国際美容外科学会」でアメリカの抗加齢医学について紹介され、現代の考え方と同じ、「抗加齢医学」としてのアンチエイジングを日本でも進めていこうという動きが始まったのです。そして2,001年3月、日本抗加齢医学研究会が設立されました。

2,005年ごろからは、美容的な施術だけでなく、サプリメント、デトックス、キレーション、ホルモン療法、スキンケア、頭髪ケア、サプリメント、食事、運動などの生活習慣を含めたアンチエイジングが雑誌などでも取り上げられるようになっています。

「抗酸化」と「抗糖化」が重要なキーワード

老化の主な原因として、体内で酸素の一部が「活性酸素」に変化し、体内の細胞がサビることで老化してしまうと考えられています。この「酸化」が新陳代謝を低下させたり、細胞や血管などに異常を起こしたりします。もうひとつ、最近老化の原因として注目されているのが「糖化」(メイラード現象)。サビに対して「コゲ」とも呼ばれます。糖化の原因はズバリ、糖そのもの。食事や飲み物から糖を取り過ぎて運動などで消化しないと、老化物質「AGEs」が全身に蓄積され、肌老化などの原因になるのです。

2大老化現象 糖化 酸化
原因物質 食事で摂取された余分な糖 活性酸素
体内での動き 体内のたんぱく質が、食事によって摂取した糖と結びつくことで、老化物質AGEsに変容。体内に蓄積されることで老化現象を引き起こす。 空気の汚染や紫外線、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣によって、体内に過剰な活性酸素が発生する。
美容への悪影響 肌のたるみや黄ばみを引き起こす。髪のコシやツヤがなくなる。

メラニンを増やしてシミをつくる。しわやたるみの原因になり老化を早める。

健康への悪影響 糖尿病、視力低下、白内障、動脈硬化症、認知症、骨粗しょう症など がんや動脈硬化、成人病リスクの増加

アンチエイジングを意識した食事と生活

ではアンチエイジングには、どんなライフスタイルを選択すればいいのでしょう。ストレスをためない、喫煙しない、質の良い睡眠を十分取る、適度な運動を心がけるのはもちろん、食生活がとても重要です。

体内のミトコンドリア内にあるコエンザイムQ10などの酵素は、体の酸化を防ぐ働きをしてくれますが年齢とともに減少してしまいます。そこで食事やサプリで補う必要があるのです。

赤ワイン・トマト

ビタミンA、C、E、βカロチンなどの栄養素のほか、ポリフェノール(赤ワインなど)、リコピン(トマトなど)、カテキン(緑茶など)、プラセンタも、代表的な抗酸化物質です。また目や肌、筋肉、髪を若々しく保つには、1日最低80グラムの良質なタンパク質と、良質な油分を摂取することが大切といわれています。肉類だけでなく、魚類、大豆製品、牛乳などの乳製品からも摂取できます。また、青魚やシソ油に含まれる「オメガー3脂肪酸」と呼ばれる物質は、細胞や組織の変質を防ぎ、中性脂肪を減らし、疲労回復、乾燥肌予防、免疫機能アップなどに効果的。料理にはサラダ油より、α-リノレン酸やオレイン酸が多く含まれる胡麻油、エクストラバージンオリーブ油、キャノーラ油、クルミ油などを使うようにしましょう。

 水を飲む

  • 糖化を進ませてしまうご飯や麺類などの炭水化物は控えめにすること
  • 水をたくさん飲んで老廃物をためないこと
  • ゆっくり噛んでゆっくり味わうスローフードという考え方

も、アンチエイジングには重要です。

化粧品は成分で選んで肌のエイジングケアを

肌のくすみやたるみ、シミ、シワなどの肌老化は、見た目年齢も老けさせてしまいます。アンチエイジングの観点から、これらを食い止めるためには、スキンケア成分選びも大事抗酸化ならビタミンC誘導体やユビキノン(コエンザイムQ10)など、抗糖化ならネムノキ樹皮エキス、ダイズ芽エキス、ローズ花エキス、カモミールなど植物エキスが入った化粧品を選ぶのがおすすめです。抗酸化、抗糖化を徹底して、プルプル美肌を目指しましょう!

抗酸化成分について詳しくはこちら

抗糖化成分について詳しくはこちら

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーゲルファンデ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner