ビタミンC誘導体+αの成分に着目!美白化粧水のかしこい選び方

美白化粧水によく入っている、ビタミンC誘導体。単体で使ってももちろん効果はありますが、組み合わせる成分によって美肌効果がアップすることをご存知ですか?

化粧水選び

美白化粧品の多くに含まれるビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は美白化粧水によく入っている抗酸化成分で、メラニンの生成を抑える働きをします。もともとビタミンCは、お肌の代わりに酸化することでお肌を守る働きをするものですが、分子結合がとても不安定。簡単に酸化してしまう弱点がありました。そこでほかの分子とくっつけて安定性を高め、お肌に浸透しやすく改良したのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCに+する成分で、より強い抗酸化パワーを発揮

ビタミンC誘導体は、肌に触れると、皮膚内に存在する酵素によりビタミンCと他の分子に分解されることでビタミンCへと変化します。

ビタミンC誘導体の形

しかしその時、効果を減らしてしまうのが、「活性酸素」。そこでビタミンC誘導体だけでなく、活性酸素を除去してくれるほかの抗酸化成分が入っていると、さらに効果的なのです。

特に注目なのが、「フラーレン」です。ビタミンC誘導体と一緒に配合されると、肌に触れた瞬間に活性酸素で減らされてしまうビタミンCを守り、肌の内部まで届けるのをサポートしてくれます。

ビタミンC以外の主な抗酸化成分

下記のような抗酸化成分が入っていることで、ビタミンCの酸化に加えて肌の酸化も防げます。あなたの美白化粧水には入っていますでしょうか?

ビタミンE 水に溶けにくく油(脂)に溶けやすい油溶性ビタミンの一種。トコフェロールとも呼ばれ、水溶性のビタミンCとともに働き、紫外線などによる酸化からお肌を守る。
アスタキサンチン カニ、エビ、鮭、いくらなどに含まれる赤い色素。紫外線を浴びたときに発生する一重項酸素など、悪質な活性酸素を除去する効果が高い。そのパワーはビタミンEの550倍、β-カロテンの40倍ともいわれる。免疫を高めたり、炎症をおさえる作用も。
レスベラトロール ブドウに含まれるポリフェノールの一種。赤ワインを飲むことによるアンチエイジング効果の主役。肌のバリア機能を高める抗酸化力だけではなく、老化を遅らせる「サーチュイン遺伝子」を活性化させるとされる。
エルゴチオネイン キノコ類がつくりだすアミノ酸の仲間。高い抗酸化力があり、老化の元となるエラスターゼやコラーゲン分解酵素をおさえる働きがある。美白・抗炎症作用も期待されている。
フラーレン 活性酸素が原因とされるアルツハイマー病などの薬としても使われる注目の抗酸化成分。ビタミンCと相性抜群。細胞と細胞の間にある活性酸素を吸収・無害化しながら、細胞壁の酸化も防いでくれるので、ビタミンCが酸化されずに肌に届けられる。

成分によってメラニン生成段階の効く場所が違う

美白化粧水は、ビタミンC誘導体と合わせてほかのメラニン抑制成分を入れていることが多いです。あなたは、シミができる前に予防したいですか。それとも、できてしまったシミを薄くしたいのでしょうか。その成分が「どのタイミングでシミに効いているのか」に着目してみると、選ぶべき美白化粧水が変わってきます。

【第1段階】紫外線により活性酸素が発生

紫外線を浴びると活性酸素(フリーラジカル)が発生します。この活性酸素はシミの原因となるだけでなく、シワやたるみなど肌老化にも影響を与えます。

活性酸素を除去する主な成分

・ビタミンC誘導体、フラーレンなど上記の抗酸化成分 ・甘草フラボノイド ・ローズマリーエキス ・ユキノシタエキス ・オウゴンエキス ・フィチン酸 など

【第2段階】情報伝達物質が作られる

色素形成細胞(メラノサイト)を活性化する情報伝達物資が作り出されます。

情報伝達物質を阻害する主な成分

・カモミラET ・トラネキサム酸 ・プルーン酵素分解物 など

【第3段階】チロシナーゼ活性化

情報伝達物質により色素形成細胞が刺激され、シミの元である「チロシナーゼ」という酵素が活性化します。

チロシナーゼ

チロシナーゼ活性を阻害する主な成分

・フェニルエチルレゾルシノール(別名377など) ・コウジ酸 ・エラグ酸 ・ルシノール ・マグノリグナン ・シロガラシ種子エキス など

【第4段階】メラニン生成

活性化したチロシナーゼは、無色の物質を酸化させます。それらが重結合し「メラニン」という黒褐色の物質となって、肌の表面へ送られてしまうのです。

メラニン生成を抑制する主な成分

・ビタミンC誘導体 ・アルファ アルブチン ・植物性女性ホルモン様成分(イソフラボン等) など

シミの予防には美白有効成分に加えて「抗酸化成分」が入った美白化粧水を選び、日焼け止めをしっかりと塗ることがおすすめです。それでも紫外線は浴びてしまうので、チロシナーゼの動きをブロックしたり、メラニン生成を抑制する美白化粧品でシミが肌の表面に現れる前に対策も合わせてすると効果的。もしシミができてしまったら、ターンオーバーを整える成分に注目して化粧品を選びましょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

記事一覧

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ニキビ跡

ニキビ跡には美白ケアが必須

ニキビ跡ができてしまったら、もう治らない?と落ち込んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、ニキビ跡はしっかりとケアをしてあげれば改善できるのです。ニキビ跡に効果的なケアの方法は、実は「美白ケア」ということをご存知でしょうか?

オレンジ

APPS化粧水が盛り上がっているワケ~新世代ビタミンC誘導体はこんなにスゴイ~

みなさんはVC100の愛称でも呼ばれている「APPS」という新世代のビタミンC誘導体をご存じでしょうか?ビタミンCは肌にとってとてもいいビタミンなのですが、浸透力が悪く効果が感じられない方が多いのです。そこで開発されたのが、通常のビタミンCの100倍の浸透力を持つ新世代ビタミンC誘導体の「APPS(アプレシエ(R)」なのです。そのAPPSが入った化粧水がとても使い心地がいいと評判なのです。

そばかす

そばかすが気になる人の美白ケア「そばかすは薄くなるの?」

一般的に「そばかす」と呼んでいるものも実はシミの一種。正確には雀卵斑(じゃくらんはん)といいます。紫外線やメラニンの影響でできるシミとは違い、解決方法に悩んでいる人も多いよう。色白の肌だけでなく、色黒の方にもときどき見られます。そばかすの改善はできるのでしょうか?

Similar

Recent Post

右バナー377VC

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner