シミができやすい人の化粧品選びー何に気をつければいいの?ー

紫外線を浴びれば浴びるほど、シミはできてしまいます。しかし「できやすさ」には個人差が。自分の体質を知って、シミ対策の化粧品でシミができるのを上手に回避しましょう。

「シミができやすい人」は早めに美白化粧品を

シミは大きくわけて6種類あります。

老人性色素斑
ろうじんせいしきそはん
紫外線を浴びることによってできるシミの代表格。初期はとても薄く美白化粧品が有効に作用するが、時間の経過とともに濃くなったり広がったりして消えにくくなる。
肝斑
かんぱん
30~40代にかけて、目尻から頬に左右対称に地図状にできるしみ。生理周期や妊娠、ピルの服用など女性ホルモンの影響を受けるケースが多い。紫外線や、一般的なレーザー治療によって悪化することも。トラネキサム酸が含まれる内服薬の服用が効果的。
雀卵斑
じゃくらんはん
頬に濃い点が広がるいわゆる「そばかす」。美白化粧品によって多少薄くすることはできるが、完全に消し去るにはレーザー治療が一般的。ただし遺伝的な要素も強いので、再発しやすいのが特徴。
炎症性色素沈着
えんしょうせいしきそちんちゃく
ニキビ跡、虫刺され、傷跡などに一時的にできるシミ。炎症を起こした際、その周辺の色素が濃くなるのが原因。通常は自然に消えるが、加齢するごとに時間がかかり、消えるまで年単位の場合も。美白化粧品のほか、ターンオーバーを促進するピーリングも効果的。
脂漏性角化症
しろうせいかくかしょう
老人性色素斑を放っておくことで皮脂が混ざり、いぼのように出っ張ってしまった状態。美白化粧品は、ほとんど効かず、レーザー治療が一般的。
花弁状色素斑
かべんじょうしきそはん
強い紫外線を浴び続けたとき、広範囲にできてしまう点状のシミ。美白化粧品はほとんど効かないので、レーザーによる除去が一般的。

シミの大部分は、紫外線によって影響を受けるのがわかりますね。試しに二の腕を見てみてください。色白でツルツルな裏側に比べて、表側は色が濃く、肌のキメも粗いはず。紫外線がそれだけ悪さをすることがわかります。つねに紫外線にさらされる顔はなおさら、しっかりとしたケアが必要です。
シミができやすいかどうかを見極める方法は、年齢のほかにもあります。それが、虫刺され後の経過。赤みやかゆみの広がりが強く、跡が残りがちな人は、外部刺激に反応しやすく、皮膚組織の回復が遅いため、シミができやすい体質と考えられます。
紫外線は一度浴びてしまうと、肌の中にダメージが蓄積してしまいます。まずはしっかりと日焼け止めで紫外線をカットしましょう。紫外線B波を防ぐSPFの値だけでなく、紫外線A波を防ぐPAにも注目して選ぶことが大切です。肌をジワジワ黒くさせる紫外線A波は、雲や窓ガラスがあっても肌に届くので、曇りの日や冬でも、油断しないで日焼け止めを塗ってください。

紫外線アフターケア

シミができやすい人は、美白化粧品で対策を。年齢的にも、紫外線を浴びた後のタイミング的にも、早め早めの使用をおすすめします。ビタミンC誘導体、カモミラETをはじめとする美白成分でシミが薄いうちからしっかりケアすれば、肌表面にメラニンが現れる前にブロックすることもできます。

(美白成分について詳しくはコチラ⇒)http://www.ci-labo.jp/bihakuoni/146/

できてしまったら、シミ消しコスメ(メイク)を上手に使おう

シミができ始めたなと思った人は、人気のハイロドキノン・ビタミンC誘導体など、シミ対策化粧品をできるだけ早く使ってケアしましょう。
またメイクに一工夫するだけでも、老け顔印象になるのを防ぎます。コンシーラーはスポット的にシミを消してくれる優れモノではありますが、シミが大きかったり、広範囲に点在している場合は要注意。コンシーラーを全体的に使うと厚塗り感が出る上、崩れやすくなってしまいます。カバー力の高いファンデーションやBBクリームを選び、全体的に薄く塗った後、シミの部分だけトントンとたたいて重ね塗りする方法が、ムラになりにくくておすすめです。その際、ファンデーションにもブライトニングや美白成分が入ったものだと、さらに効果的。もちろん、紫外線防御力(SPF/PA)にも注目して選びましょう。

シミを薄くする食事&ライフスタイルを!

紫外線を浴びたお肌の奥底で活性酸素によりメラニン色素の元が作られ後、ターンオーバーの衰えでその色素がお肌の中から出ていかないことがシミの大きな原因です。シミにお悩みの人は、まずは食生活の見直しから。活性酸素を体の中から除去する3つのビタミンを積極的に取りましょう。

サラダ野菜中心の食事

ビタミンC(美白の王道ビタミン。肌のハリを保つコラーゲンを作る)

ピーマン、アセロラ、モロヘイヤ、キウイ

ビタミンA(粘膜・皮膚の新陳代謝、免疫機能を高める働き) 

レバー、人参、モロヘイヤ、ほうれん草

ビタミンE (別名・若返りビタミン。活性酸素による肌老化を防ぐ作用が高い)  

 アーモンド、いわし、たらこ、うなぎ、かぼちゃ

このほかに赤ワインやドライフルーツの中に含まれるポリフェノールにも、高い抗酸化作用があります。

次に睡眠サイクルを整えましょう。「美肌のゴールデンタイム」である10~2時にしっかり眠ることで、成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが改善されます。

また、血行・代謝が活発になる入浴、マラソンや水泳など有酸素運動、成長ホルモンの分泌に効果的な筋トレなどの無酸素運動も、お肌を作り変えるためにとっても大事。健康的な生活で活性酸素を防ぎ、シミのない美肌を目指しましょう!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナー377VC

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner