肌のくすみの原因と改善策~もう顔色が悪いと言わせない!~

朝、鏡を見てどんよりした肌色に気づいたオーバー30のあなたは要注意。30代半ばを過ぎると、紫外線による日焼けや乾燥だけでなく、血行や代謝の低下、そして「糖化」からくる肌老化がくすみを引き起こしてしまうことが多いのです。

年齢肌のくすみ

くすんで見えるのは、肌のキメが乱れているから

透明感があり、血色の良いツヤ肌は若々しさのバロメーターです。健康な肌表面を拡大してみましょう。ふっくらした肌細胞=キメが三角形に細かくそろっているのがわかります。このキメが、どの方角からも光を反射し、明るく鮮やかなツヤ肌に見せているのです。

くすみ

ところがくすみや毛穴が目立つ年齢肌はキメが乱れたり、ふっくら感が減ったりして、光を均一に反射できません。原因のひとつは、肌細胞が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が乱れ、いらない角質や汚れが肌表面に溜まってしまっているから(角質肥厚)。また、肌自体が老化(糖化)し、ふっくら感の元となるコラーゲンなどの弾力が落ちていることが考えられます。

肌の「コゲ」=糖化が肌をくすませる

肌老化の二大原因のひとつ=「酸化」が「サビ」と言われるに対し、もうひとつの「糖化」は「コゲ」と言われています。焼きたてのパンケーキを思い出してみてください。卵や小麦粉、牛乳などのたんぱく質と砂糖を一緒に焼くと、表面がきつね色(コゲ色)に固くなりますよね? 糖分抜きでは、きつね色になりません。実はお肌の「糖化」も、これと似た原理なのです。

老化

糖化とはメイラード反応とも呼ばれ、糖とたんぱく質が自然にくっつくことによって起こります。私たちのお肌はコラーゲンとエラスチンなどのたんぱく質がスプリング状の立体構造を作り、そのすき間をゼリー状のヒアルロン酸などの保湿成分が埋めて、肌の弾力・ハリを保っています。食事などから取って余った糖とたんぱく質が結びつくと、(1)真皮のコラーゲン部分で糖化が起こり、(2)AGEsと呼ばれる物質が生成され、タンパク質同士を橋のように結びつけてしまいます。すると、(3)カチカチに固まって肌の弾力が失われてしまいます。加齢によって糖化が起こりやすくなる上に、このAGEs自体が茶色なので、肌を黄色や茶色にくすませてしまうのです。

くすみ対策(1)肌のキメを整え、糖化をブロックする化粧品選びを

「肌をくすませたくない!」と思う方は、まずスイーツや炭水化物を取り過ぎないようにすること。そして適度な運動で余分な糖を消費しましょう。次に化粧品選びでは、糖化をブロックする成分に注目を。α-リポ酸、ダイズ芽エキス、ローズ花エキス、ウメ果実エキス、ヤマブドウエキス、セイヨウオオバコ種子エキスなど、抗糖化成分が入った化粧品を選ぶことをおすすめします。

くすみ対策(2) ピーリングで肌キメを整えよう

加齢によって乱れた肌のキメを、少しでも若々しい状態に取り戻すには、週1~2回のピーリングがおすすめです。シミやくすみを溜め込んだ古い角質を取り除くことで、美白成分や保湿成分もぐっと肌に浸透しやすくなります。

ピーリング

くすみ対策(3) マッサージで血行を促進、肌の生まれ代わりをスムーズに

肌のキメを甦らせるにはマッサージも効果的。リンパの流れがよくなると、老廃物の排出がスムーズになり、ターンオーバーが促されます。肌に負担をかけないゲルを使い、やさしくマッサージしましょう。目元の茶色いくまやくすみも、血行や代謝が良くなると改善しやすくなります。

くすみ対策(4) 肌の色がよく見えるメイクを

肌を土台から変えるには時間がかかりますが、いつものメイクに一工夫するだけで、くすみをパッと「なかったこと」にできる方法もあります。

コントロールカラー

化粧下地にコントロールカラーを使ってみましょう。黄ぐすみにはラベンダーやブルー、目元の茶ぐまにはイエローなど、タイプ別に使い分けると効果的です。

ファンデーション

キメの整ったツヤ肌を演出するには、光をいかにきれいに反射させるかが決め手。強い味方になるのが、パール系のファンデーションです。また、薄づきでも肌表面を均一に見せてくれるCCクリームは、くすみ対策にもおすすめです。

CCクリーム

パウダー

ファンデと同じく、光の反射を助けてくれるパール系の仕上げパウダーも、くすみをカバーするのにおすすめです。

肌のくすみを防ぐにはまず、糖化させない食生活とストレスのないライフスタイルを。さらに有効成分の入ったスキンケアとメイクで、くすみ知らずの美肌をGETしましょう!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

美白の鬼の記事一覧

他の記事もぜひご覧ください!

50代の美白

50代の美白ケアはシミ以外にくすみやたるみ改善も大切!

50代女性の肌悩みの上位に「くすみ」や「たるみ」があります。シミももちろん美白には大敵ですが、この世代になると、ピンポイントのシミだけではなく、顔全体のくすみやたるみなども気になりますよね。くすみがひどく肌色が沈んで見えると、頬に影ができたりして、たるんで見えることもあるのです。50代のくすみ予防やケアについて考えてみましょう。

こめかみにきび

敏感肌のための美白化粧品選びのポイント

敏感肌の人が美白化粧品を使うと、刺激が強くて肌がピリピリしてしまうことはありませんか?そのピリピリ感、実は肌がダメージを受けているのかもしれません。敏感肌は外部刺激に弱くなっています。バリアー機能をサポートしてくれる、敏感肌用美白化粧品を選びましょう。

選んだ後は、トライアルなどの少量サイズで購入し、まずは顔以外の部分でパッチテストを行い、その後1日、7日間とトライアルを少しずつ試しましょう。

ニキビ跡

ニキビ跡には美白ケアが必須

ニキビ跡ができてしまったら、もう治らない?と落ち込んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、ニキビ跡はしっかりとケアをしてあげれば改善できるのです。ニキビ跡に効果的なケアの方法は、実は「美白ケア」ということをご存知でしょうか?

Recent Post

右バナー377VC

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

4927_14_12_1_P05_01

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner