手の甲はシミになりやすい!上手な日焼け対策の方法

手の甲はシミができやすく、腕や他のボディ部分にはシミができないのに手の甲にだけシミが集中してしまう方が多く、悩みも多く聞こえます。手の甲のシミ予防・美白やシミ消しなど、いろんな角度から対策を考えましょう。

手の甲

手の甲にシミが集中する理由

手の甲は顔と同様一年中衣服によって紫外線が遮られることがない部分です。その上お化粧もしない手の 甲は、顔よりシミができやすい部分と言っても過言ではありません。しかも、お顔は太陽光に対して垂直に向いているのに対し、手の甲は太陽光に対して正面を 向いている時間が長いのです。特にパソコンや料理など手作業をする方は要注意で、窓に近いところで作業する場合は室内でも紫外線に晒され続けていると思う べきでしょう。

こんなに紫外線を浴びる機会が多い割に、日焼け止めの意識は低く、顔より約30%も日焼け止めを塗っている人が少ないのです。

日焼け止め対策グラフ

ドクターシーラボ「顔のたるみ研究所」調べ
(調査概要:WEBアンケート調査/女性422名/調査期間:2014年4月9日(水)~10日(木))

手の甲は、顔よりむしろUVケアが必要で、季節を問わず日焼け止めを塗って欲しい箇所なのです。

シミだけでなくシワにも注意して欲しい

手の甲のシミは濃くなりやすく目立ちやすいと同時に、シワもできやすい場所。なぜなら、皮膚が薄く皮脂が少ない場所なので乾燥しやすく、顔よりも肌悩みが出やすい場所なだからです。年を重ねると手の甲には深いシワが刻まれることが予想されます。

そして、紫外線A波は雲も窓ガラスも通り抜けるため室内でも注意が必要なのです。紫外線A波は紫外線B波に比べると秋・冬もあまり減りません。手の甲への日焼け止めは、年中塗ることをお勧めしたいです。

紫外線グラフ

手の甲のシミ・紫外線対策はとにかく「日焼け止め」

手の甲に日焼け止めを塗って、その後どれくらいで塗り直しを行っていますか? 日焼け止めを塗り直していないという方は、ほとんど紫外線対策をできていないに等しいのです。またUV手袋などを使われているがために、日焼け止めを塗っ ていない方も危険信号。室内にて手袋を外した際に、窓からの日光に含まれる紫外線がしっかり手の甲を攻撃しています。手の甲へのUVケアはハンドクリームを塗り直すくらいの頻度で塗ることが大切。ハンドクリーム感覚で使うためにも、保湿力の高いスキンケアUVを選びましょう

塗り直しのタイミング参考

  • トイレなどで手洗いする度に塗り直す
  • 手肌が乾燥したらハンドクリームを手のひら・UVミルクを手の甲、同時に塗る
  • 外にいるときは、2~3時間おきに塗り足す
  • 手をこするような動作をした場合には塗り直す

手の甲の美白も毎日行いましょう

シミ予防には美白化粧品は有効。お顔に使っている美白化粧品を朝夕手の甲にも塗りましょう。お顔に使って効果を感じられる美白化粧品は、あなたの肌に合っているということ。手の甲の皮膚にもしっかり働きかけてくれるでしょう。

余談になりますが、化粧品販売の美容部員さんは、左手の手の甲がとてもきれいだという話があります。それは、お客様にテクスチャーを見せるために左手に化粧品を塗ることが多いからだそうです。日々の積み重ねは大きいですね。

手の甲の美白も、毎日の積み重ねが大事。シミを濃くしたくない方は、お顔同様もしくはそれ以上の扱いをしましょう。また、美白ハンドクリームや美白効果のあるUVケア製品を使うこともおすすめです。

美白化粧品でシミを薄くできるの?

お顔に使っている美白化粧品でシミを薄くしたり消したりできるのでしょうか?
残 念ながら、効果はあまり期待できません。手の甲はお顔と違ってターンオーバーが遅く、シミが排出されにくいのです。手の甲に使う美白化粧品はあくまで「予 防」。シミをこれ以上濃くしないための対策になります。手の甲のシミを消したいとお考えの方は、少し高額になりますが、レーザー治療がベストな選択でしょ う。
シミがたくさんできてしまう前に、少しでも気になりだしたら、しっかり美白と紫外線対策をしましょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

記事一覧

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

シミ

「シミ」、「くすみ」、「くま」の原因と、効果的なスキンケア方法は?

「シミ」、「くすみ」、「くま」があると肌が暗く見えてしまい、美人度がダウンしてしまいます。「シミ」、「くすみ」、「くま」はメイクでは隠しきれないことも多いので、正しいスキンケアで根本的に解決しなければなりません。「シミ」、「くすみ」、「くま」の原因と効果的なスキンケア方法をおさらいしましょう。

ニキビ跡

ニキビ跡には美白ケアが必須

ニキビ跡ができてしまったら、もう治らない?と落ち込んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、ニキビ跡はしっかりとケアをしてあげれば改善できるのです。ニキビ跡に効果的なケアの方法は、実は「美白ケア」ということをご存知でしょうか?

しみ

シミの原因「メラニン、ファンデ、ストレス、乾燥、食べ物…」予防と対策を知ってサヨナラしましょう!

女性にとって老け顔に見えてしまう「シミ」は、とっても悩みのタネ。シミができる原因として一般的によく知られているのが紫外線の影響ですよね。しかし原因はそれだけではないんです。活性酸素やストレス、加齢、ファンデの油分、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れetcによってシミは発生します。シミができる原因と改善策を学んで、美しい素肌を目指しましょう。

Similar

Recent Post

右バナー377VC

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner