とっておきの美白方法~プロが教える美白生活~

スキンケア、メイク、食事、生活など、シミ・そばかすを防いで白い肌へ、とっておきの美白方法をプロの視点でまとめました。

肌を白く保つために知る、紫外線の影響

強い紫外線を浴びると、どんどんシミ・そばかすが増えてしまいます。美白を意識している人は毎日日焼け止めをし、美白化粧品を使っていると思いますが、一番の近道は「紫外線を浴びないこと」なのです。
日傘や帽子、サングラスやアームカバーやストールなどで物理的に紫外線を遮断していても、100%防ぎきれるものではありませんし、日焼け止めでも紫外線のすべてはカットできません。日焼け止めは、汗で流れたり衣類と擦れて取れたりと、時間とともに効果も薄れます。美白化粧品は、メラニンの生成を抑制し、肌を整えターンオーバーを促進します。しかし、肌に受ける紫外線の影響を減らすことはできても、シミ・そばかすを完全に防ぐことはできません。
紫外線を浴びないことが美白への一番の近道、とはいえそれは不可能なこと。紫外線の影響を最小限にとどめるには何が効果的なのでしょうか。

成功する!とっておきの美白方法

UVケアをする、美白化粧品を使うことだけが美白ではありません。日々のちょっとした対策が、5年・10年後に大きな差となります。

夏以外もしっかり美白化粧品を使い続ける

太陽の光が弱い季節も、紫外線が「ない」わけではありません。過ごしやすいからと、春や秋などは紫外線対策もそこそこに長時間屋外に出ていませんか?少ない紫外線でもちりも積もればシミ・そばかすに繋がります。シミ・そばかすはできる前の予防が一番効果的です。夏以外もしっかりと美白化粧品を使いましょう。

抗酸化を意識した食生活

シミの原因は紫外線…ですが、もっと詳しく言えば、紫外線によって発生した活性酸素です。活性酸素を抑える「抗酸化力」を意識した食生活により、体の中から美白を目指しましょう。
抗酸化の詳細は、美白の秘訣は「抗酸化」を考えて行動することの記事をご一読ください。

紫外線が強い季節は、できるだけ不要な外出を控える

買い物くらい、とお思いかも知れませんが、紫外線のダメージは都度ではなく蓄積なのです。毎日10分も、1週間で1時間以上に…不要な外出は控えましょう。夏はスーパーなどの買い物も、日差しを避けた時間帯にしたり、できる限り宅配などに頼ったり、週末にまとめて買い出すなど工夫しましょう。

帽子・日傘・長袖の利用

日焼け止めはもちろんですが、できる限り物理的に紫外線を遮りましょう。帽子や日傘は直射日光を90%以上カットします。カバーしきれない手や腕は、長袖やUVカットのアームカバーで、首やデコルテラインはストールなどで覆いましょう。

日差しが強い時季の外出時はサングラスを着用しましょう

サングラスは目への紫外線を遮るだけでなく、目から脳への「光」の情報も減らしてくれます。目からの「紫外線が強い」という情報で、メラニン色素が生成されるという研究結果が出ています。サングラスは、UVカット機能のついたものを選んでください。また、紫外線は正面以外からも入りますので、顔にフィットするものがよいでしょう。サングラスに抵抗がある方は、UVカット加工のメガネもおすすめです。

家にいる時も紫外線を意識し、遮光カーテンを使いましょう

家の中にいれば紫外線対策をしなくても大丈夫、そうお思いではありませんか?紫外線はUVカットでない窓ガラスは簡単に通り抜けてしまいます。できるだけ窓には遮光カーテンを使いましょう。太陽光を利用しながら紫外線を防ぎたい場合は、カーテンではなくシェードにすると便利。窓の上部だけ遮光シェードをすることで、直射日光の侵入を防ぎながら太陽光を部屋に取り込むことができます。また、窓ガラスに貼るだけで90%以上UVをカットしてくれるフィルムも市販されています。住居に合わせた対策をご検討ください。

週1回は美白スペシャルケアを

週1回は美白シートマスクや美顔器を使って、美白成分を肌の奥に届けるケアをしましょう。シミ・そばかす部分は念入りに。すぐに効果はわからなくとも、半年後、5年、10年後には必ず大きな差となります。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

美白の鬼の記事一覧

他の記事もぜひご覧ください!

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

顔のシミを隠したいなら、シミの種類やタイプによってコンシーラーを使い分けることが大切です。選び方や使い方を間違えると、余計にシミが目立ってしまうことも・・・。シミ隠しのためのコンシーラーの選び方と、使い方をご紹介します。

こめかみにきび

敏感肌のための美白化粧品選びのポイント

敏感肌の人が美白化粧品を使うと、刺激が強くて肌がピリピリしてしまうことはありませんか?そのピリピリ感、実は肌がダメージを受けているのかもしれません。敏感肌は外部刺激に弱くなっています。バリアー機能をサポートしてくれる、敏感肌用美白化粧品を選びましょう。

選んだ後は、トライアルなどの少量サイズで購入し、まずは顔以外の部分でパッチテストを行い、その後1日、7日間とトライアルを少しずつ試しましょう。

洗顔

本気で美白する人は洗顔も美白ラインを選びましょう

美白化粧品を使っているなら美白ラインの洗顔も合わせて使うと効果的です。なぜなら、肌の黒ずみや紫外線によるシミなど、美白の邪魔をしているのは「肌の新陳代謝の低下」である可能性が高いからです。肌の新陳代謝は、美白を意識した洗顔によってアップさせることができます。

Recent Post

右バナー美白マスク

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner