美白成分「アルブチン」をもっと知って美白ケアに役立てよう

美白化粧品やシミ予防化粧品に多く配合されている「アルブチン」。医薬部外品の成分として認められているものですが、実際のところシミをブロックするのか、シミができないようにするのか? その働きを知って、スキンケア化粧品を選びや使い方に活用しましょう。

試験管

医薬部外品に使われる美白成分「アルブチン」とは?

美白成分「アルブチン」は、もともとは洋なしやコケモモの葉や皮から抽出した成分です。メラニン色素に作用するチロシナーゼを抑制する作用があります。

 

一般的にアルブチンといわれているものはβアルブチン

ハイドロキノンの誘導体がアルブチンです。少しわかりにくいですが、ビタミンC誘導体という化粧品を耳にしたことはありませんか? ビタミンCをより肌へ浸透しやすくするための導入化粧品です。ハイドロキノンにとってのアルブチンがそれになります。ハイドロキノンは美白効果にとても優れたものですが、肌への浸透性や刺激などの問題もあり、誘導体を使用したほうがよい場合もあります。

ハイドロキノンにブドウ糖を結合させると、その結合のしくみによって、αアルブチンとβアルブチンというハイドロキノン誘導体ができあがります。αは食したときに消化され、βは消化されないといった違いがあります。安全性が高く、効果も期待できるので最近はアルブチン配合の美白化粧品が多いのでしょう。

美白成分は単体より複数使いがおすすめ

美白成分はアルブチン以外にもたくさんあります。美白成分は、メラニンの働きを邪魔して美肌へと導きます。例えばビタミンCは抗酸化作用で紫外線障害を抑制します。つまり、アルブチンはメラニンが黒くなるのを防ぎ、ビタミンCは黒くなったメラニンを元に戻そうと働きます。このように、それぞれの有効成分の目的は違うのです。ですから、美白成分はひとつのものを使うより、複合体で使用したほうが美白へと近づけるのです。また、美白成分は人によって相性があり、どの成分がとくに効果的か? などは一概にいえません。自分の肌で試して確認しながら選びましょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナー美白マスク

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner