シミの美白化粧品に対する大きな誤解

シミと呼ばれるものにはいくつかの種類があります。紫外線による老人性色素斑、そばかすとも呼ばれる雀卵斑(じゃくらんはん)、女性ホルモンのバランスの崩れでできるシミなどですが、これらのシミにはどのような美白ケアがよいのでしょうか?

シミ

美白ケア=シミを消す、は間違った認識

美白ケアというと、まるでシミを消すケアのように思っている方もいますが、まったく違います。美白ケアはシミ予防には効果的ですが、できてしまったシミを消すことはできません。ただし、ビタミンCやハイドロキノンといった成分が、できはじめのシミを薄くしてくれることはありますまた、炎症性色素沈着とよばれるニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになったものには、ビタミンC誘導体が効果的に働き、薄くすることもあります。

美白成分を含むケア化粧品を選んで

美白化粧品とは美白成分が配合されているものをさします。美白化粧品っぽいパッケージだなぁ、などと雰囲気で購入してしまわないように注意してください。メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きで、各成分によって働きかけるタイミングは違います。症状にあったタイミングで有効的にケアをして、シミをつくらないことが美白ケアの第一歩なのです。

ちなみにシミを予防するような成分やそれを含む食品は?

シミをつくらせない&濃くしないためには食品にも気を遣ってみましょう。ビタミンCはメラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用もあります。赤パプリカやブロッコリー、キウイやいちごなどから摂取できます。ただし、ビタミンCは体内に蓄えておけません。1日数回に分けて摂取するのがポイントです。

できてしまったシミは皮膚科でレーザー治療を

では、できてしまったシミは諦めるしかないのでしょうか? いいえ、できてしまったシミは専門の皮膚科で治療できます。シミに光をあてて除去するレーザー治療がおすすめです。皮膚の正常な部分には傷をつけないで、目的の部分だけを焼いて除去するのでシミだけではなく、アザやほくろにも有効です。治療期間はシミの大きさやタイプにもよりますが、1回ですむものから5回以上繰り返し行うものまでさまざまです。セルフケアで解決しない肌悩みは、皮膚科などで行っている美容医療を受けてみるのもひとつの選択肢です。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーUVパウダー

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner