バストトップの美白でセクシーボディに♪

バストの悩みは形やハリなどのほかに、バストトップの黒ずみなどを挙げる女性も多いです。とくに、未婚の方や出産未経験者はそれがコンプレックスになっていることも。皮膚がやわらかい部分だけに美白ケアも気を遣いますよね。ボディの美白ケアについて考えてみましょう。

バスト

バストトップの理想の色はピンク?

これはよく言われていることですがピンクのバストトップなどありえません。婦人科の医師すらも「実際にピンク色なんて女性はほぼいません」と話すほどです。ただ、もともとの色素が薄い場合はベージュっぽくなったりするので、その色をピンクと呼んでいる場合もあります。ピンク色のバストトップの話は単なる噂話だと思ってください。

黒ずみの原因

では、どうしてと色が濃くなったりするのでしょう。それは、下着によって毎日摩擦を起こしているからです。日々のこすれはわずかでも、それが毎日続けば角質が厚くなり、やがて色素沈着することも。また、妊娠中やピルなどを服用している時期もホルモンバランスの乱れでバストトップの色が濃くなることもあります。

バストの黒ずみを予防するための美白ケア

(1) 下着による締め付けの場合

毎日身に着けるものですから、サイズ感がちゃんと合っているものを選びましょう。バストの垂れを懸念して、きつめのものを着用している女性も多いようですが、皮膚を圧迫して黒ずみの原因になります。また、素材と相性が合わないとカサつきやかぶれ、肌荒れなどを起こすので、サイズは合っているのに黒ずみが気になる方は素材を確認してみましょう。シェイプアップや矯正を目的として下着を選ぶ場合は、専門のフィッターがいるお店で見てもらってください。

(2)ボディ用の美白クリームを使う

薬用美白成分などが入ったボディ用の美白クリームでメラニンの生成を抑えましょう。ボディ用やデリケートゾーン用とうたっているものは、安心してバストトップやビキニラインにつかえます。顔用を流用している方もいるようですが、やはりボディにはボディ用をおすすめします。ボディ用のクリームには保湿成分を入っている場合が多く、乾燥による角質肥厚も防いでくれます。

話題のハイドロキノンを塗るのは?

自己判断で漂白作用のあるハイドロキノン配合クリームを塗っている、という話をときどき耳にします。ハイドロキノンは人によっては刺激や赤みがありますし、バストトップの皮膚はとても敏感です。ここに自己判断で強いクリームを塗るのは危険です。どうしても自宅での美白ケアでは効果が見えないという場合は、皮膚科などに相談しましょう。

 

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーUVパウダー

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner