美白スキンケアの絶対に知っておきたい基礎知識

美白ケアといっても化粧水や乳液などのデイリーケアから、ピーリングや美顔器などスペシャルケアまでさまざまです。スペシャルケアも大切ですが、まず基本を行ったうえでのプラスαですから、基本の美白スキンケアをおさらいしましょう。

スキンケア

肌の基礎となる地盤を整える

美白というとシミ予防やそばかす対策、さらに毛穴の黒ずみやくすみ改善などいろいろ思い浮かべますが、結局はそういった肌荒れやトラブルに負けない地盤となる健康肌を作ることが1番なのです。肌のしくみを知って正しく効果的なスキンケアを行いましょう。

「表皮」にアプローチするケアを行いましょう

皮膚

皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織の3つの層でできています。中でもシミやくすみ予防を目的としたスキンケアのメインとなるのが「表皮」です。ですから、美白を目指すのなら、まず表皮にアプローチするケアを積極的に行いましょう。例えばシミには原因やでき方によっていくつかの種類がありますが、多く見かけるのが日焼けの積み重ねによる「老人性色素斑」です。このタイプのシミにはごく初期段階であれば美白化粧品がとても有効です。くすみも同様にさまざまな原因がありますが、乾燥が原因の「乾燥ぐすみ」には保湿が効果的です。

保湿こそ美白ケアの基本中の基本

肌のうるおいが失われるとバリア機能が低下し、肌荒れや老化の原因になります。角質層の水分量が減るとシミやくすみなどのエイジングサインも現われます。つまり、保湿こそがスキンケアの基本なのです。ただ水分を入れるだけではなく、肌そのものを乾燥しにくい状態に導くケアを行いましょう。

代表的な保湿成分

(1)セラミド

水分保持力が最も高いといわれる成分で、水分を挟み込んでしっかりキープする性質があります。残念ながら年齢を重ねるごとに減っていくものです。そこで、簡単にセラミドを補えるように開発されたものがセラミド配合の化粧品です。

(2)ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン

水分を抱え込むタイプの成分で角質内保湿として働きます。コラーゲンは弾力を保つ働きを持ちますが、化粧品として配合される場合は保湿成分となります。

(3)天然保湿成分(NMF)

水分をつかむタイプの成分です。角質細胞内にある水溶性の成分で、アミノ酸や尿素など約20種類の成分で構成されています。

美白化粧水を選ぶ際は、上記の成分が配合されているか? などを成分表示で確認するとよいでしょう。

美白化粧品はラインで使うべき?

美白化粧品はラインで使うべき?
化粧水から乳液、クリーム、美容液までラインで出ているものは、ライン使いをおすすめします。それぞれの成分が反応して効果を上げるということはありませんが、同じ目的や効果を狙って開発されたシリーズですから、より美白へと近づけるようなステップケアになっているはずです。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナー377VC

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner