9割の女性が「1ヶ月以内」に解消したい“正月太り”。その対策法とは?

2人に1人の女性が太った!今年の“正月太り”は平均1.47kg増!
“正月太り”は実は見えないところが太ってる?! 
9割の女性が「1ヶ月以内」に解消したい“正月太り”。
その対策法とは?

年末年始はあまり動かずおせちやお雑煮を食べ過ぎた・・・なんて方も多いのではないでしょうか??そこでドクターシーラボでは今年の“正月太り”を徹底調査!今年の“正月太り”の現状と、効果的なダイエット法をご紹介します!

・調査概要:インターネット調査
・対象:20代~70代女性366名(20代 18名、30代 99名、40代 136名、50代 87名、60代以上 26名)
・期間:2013年1月4日~1月7日

やっぱりお正月は太る!2人に1人の女性が“正月太り”!

 「“正月太り”をしましたか?」という質問に対しては実に2人に1人の女性が「正月太りをした」と回答し、多くの女性がお正月に体重増加したことが分かりました!

 

1週間でどのくらい増えた?正月太りで増えた体重は平均1.47kg!

さらに、「正月太りをした」と回答した方に増加した体重を質問したところ、9割以上の女性が「約2kg」以下と回答し、平均すると1.47kg増加という結果となりました。お正月期間の1週間でおよそ1.5kg増えるということは、1万500kcal(体重1kgを7000kcalに換算した場合)オーバー。なんとお餅を83個余分に食べたことになります!!(切り餅1個54g/127kcalとした場合)

 

実は見えないところが太った?正月太りで86%の女性が「お腹」が太ったと回答!

 

“正月太り”ではいったいどこが太ったのでしょうか?一番多かった回答はダントツで「お腹」(86%)、次いで「腰まわり」(30%)、「顔」(26%)という結果となりました。女性のお腹や腰まわりは、裾が長めのニットやふんわりしたシルエットのトップスで隠しやすいもの。周りから「変わってないよ!」と言われても実は本人だけは「太った」と気づくのが正月太りの特徴なのかも?

実は正月太りの原因はお雑煮やおせちじゃない?!

体重が増えた原因を質問したところ、お正月の定番「お雑煮」(35%)や「おせち」(32%)を抑えて1位になったのが「お菓子、アイスクリームなど」(46%)。ついついあると食べてしまう身近なものが正月太りの落とし穴になっているのかもしれませんね。

 

“正月太り”は素早く解消したい!9割の女性が「1ヶ月以内」を希望!

“正月太り”した体重をどれくらいの期間で元に戻したいかという質問に対しては93%の女性が1ヶ月以内と回答しました。そのうち「1週間以内」と回答した女性も3人に1人となり、“正月太り”は素早く解消したいという女性の想いが伝わってきます!
また、“正月太り”解消法に関しては「特に何もしない」と回答した割合は10%ほどとなり、およそ9割の女性が何かしら対策を考えていることが分かりました。

それでは、“正月太り”だからこそ取り入れてほしいダイエット法をご紹介します!

 1. 「ながら食べ」をやめる

年末年始のご自分の食生活を振り返って、テレビを観ながら、スマホを観ながら、といった「ながら食べ」が多くなかったでしょうか?「ながら食べ」は人間の脳にある満腹中枢が刺激されないため、満腹感が得られにくく、食べ過ぎを招いてしまうと言われています。せっかくのおいしい食事。1食1食を大切にするためにも「ながら食べ」をまずやめてみましょう。

2. 血行促進効果のあるボディクリームでマッサージをする

“正月太り”で一番太ったパーツとして挙げられた「お腹」。お腹についたお肉はなかなか落としづらいもの。食事制限や全身運動だけにとどまらず、この際、集中的にお腹のマッサージをしてみましょう。その時にぜひ使っていただきたいのがボディクリーム。指すべりがよくなりマッサージ効果が高くなるだけでなく、血行促進効果のあるタイプを選べば、脂肪燃焼をバックアップする力も得られて、より効果的です。

3. 短期間で増えた体重を戻すのにおススメは「食事置き換えダイエット」

年齢と共にホルモンのバランスが崩れ代謝が落ち、ついた脂肪は落ちにくくなります。放っておくとそのままその体重が自分の標準になる・・・なんてことになりかねません。そのため、短期間で増えた体重は短期間で戻すのが鉄則です。しかし無理に食事制限すると、栄養バランスが乱れることによりエネルギー消費が抑制され、基礎代謝が低下してしまいます。その為、カロリーを抑えながら安全な食材をバランスよく摂取することが大切です。

栄養バランスのとれた食事を毎日続けるのは難しいですが、そんな時におススメなのが、1日のうち1食を、「食事置き換えダイエット」などの健康補助食品に置き換えること。選ぶ際には、いろんな食品が配合されていて栄養価の高いもの、満腹感のあるものかどうかをチェックするとよいでしょう。

4. どうしても食欲がある場合は、サプリメントと一緒に、しっかりおいしく食べる

摂取カロリーを極端に抑えるダイエットは筋肉量の低下に拍車をかけ、骨にも影響を与える可能性もあります。さらに、食欲を抑えることによるストレスはリバウンドの元にも。何より、食べたいものを「おいしい!」と思いっきり食べるのはとても大事なことです。

そこでカロリーの多い食事を摂る前にはサプリメントの摂取もおススメです。脂肪に働きかける話題の成分「コレウスフォルスコリ」や、糖の吸収を抑える働きのある「ギムネマ」などの成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner