日焼け止めの使い方使い分け完全ガイド

紫外線が強い季節、日焼け止めは効果・特徴を知って上手に使いましょう。こちらのページでは「クリーム」「ジェル」どっちを選ぶ?やスプレー・パウダーの活用法、ノンケミカルと紫外線吸収剤についてなど日焼け止めの詳しい情報をまとめています。

日焼け止め(UVケア)のメカニズムとは?

焼けたくないなら「日焼け止め」を。みなさんご存知のとおり日焼け止めは紫外線をブロックし、肌が日焼けするのを防いでくれます。一口に日焼け止めといってもさまざまな成分、タイプがあります。まずは日焼け止めがどのように紫外線をブロックするのかを見ていきましょう。

日焼け止めのメカニズム

紫外線をブロックしてくれる日焼け止め。その成分、ブロック方法は大きく分けて2種類あります。1つは鏡のように紫外線を反射させることで肌へ紫外線が届くのを防ぐ「紫外線散乱剤」、もう1つは紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変換することで紫外線から肌を守る「紫外線吸収剤」です。「紫外線散乱剤」は、ファンデーションなどの原料として使用されることもある金属酸化物などが原料。ファンデーションを付けるだけで日焼け防止になる、といわれるのはこのためです。自然に存在する成分が多いため肌への負担が軽く、成分が壊れないため長持ちします。ノンケミカルと謳われる製品は、この紫外線散乱剤のみを使用し紫外線吸収剤を含まないものを指します。デメリットとしては、白浮きしたり付け心地が悪かったりすることが挙げられます。対して「紫外線吸収剤」は、主に有機化合物が原料。紫外線の遮断効果が高い上、付け心地がよく白浮きもしないため、製品として扱いやすいという特長があります。しかし、紫外線吸収剤自体が紫外線と反応し変質するため、時間と共に効果が薄れます。また、肌への負担も散乱剤に比べ高くなっています。

紫外線散乱剤で紫外線を“反射する”、紫外線吸収剤で紫外線を“吸収する”。日焼け止めのメカニズム、お分かりいただけたでしょうか。

紫外線A波から守る:PAという数字

日焼け止めに表記されているPAはProtection Grade of UVAの略で、UVA防御指数ともいわれます。紫外線A波のブロック効果を表すもので、効果の高いものからPA++++、+++、++、+、の4段階で表記されています。紫外線A波は波長が長く、ガラス越し・曇りの日・冬でも降り注ぎ、肌の奥まで到達します。肌が黒くなるのはこの紫外線A波の仕業。また、肌の奥のコラーゲン層を破壊するため、シワやたるみなど光老化の原因となります。

紫外線B波から守る:SPFという数字

そしてよく目にするSPFという表記。Sun Protection Factorの略で、紫外線防御指数ともいわれます。紫外線B波からの防御力を表す数字で、日焼け止めを使用した際に使用しなかった場合と比べ、日焼けがはじまるまでの時間を何倍遅らせることができるか、を示しています。個人差はありますが、10~20分程度で日焼けがはじまるといわれています。20分で日焼けがはじまる人の場合、SPF10で20分×10倍=200分、つまり日焼けがはじまる時間を20分から200分まで遅らせることができる、ということなのです。SPFの数字は効果の持続指数ではなく、紫外線からの防御力を示す数字なのですね。紫外線B波は波長こそ短いもののエネルギーは強く、肌表面を傷つけます。肌が黒くなるA波に対し、肌が赤くなり炎症を起こすサンバーンはこのB波の仕業。シミ・そばかす・色素沈着・皮膚がんの原因となります。とはいえA波と比べ波長が短いため、衣類や帽子、日傘などで多くをブロックすることができます。

 

 

また、PA・SPFともに、日焼け止めをはじめとする化粧品を1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗布した場合の数値となります。白浮きするから、ベタつくから…と薄く塗った場合は表記どおりの効果は得られませんのでご注意を。

さまざまな呼び名もあるがすべて「日焼け止め」

日焼け止めにはさまざまな呼び方があります。「サンスクリーン」「UVプロテクト」「サンシールド」「サンカット」などなど…。海外では常識である紫外線対策ですが、日本ではまだまだ紫外線への意識は低く、対策も遅れています。他の化粧品と比べ、海外製品に使われている名称が日本でもそのまま使われているのはそのためです。呼び名はさまざまですが、どの呼び名も前述の「日焼け止めのメカニズム」でご説明した方法で紫外線をブロックしています。

日焼け止めの種類と選び方

日焼け止めには大きく分けて3種類あります。クリームやローションなどの塗るタイプ、シューッと吹きかけるスプレータイプ、スポンジやブラシで付けるパウダータイプです。それぞれの特徴と、特長を生かした選び方をお教えします。

日焼け止め一覧表

日焼け止めのタイプ特徴
クリーム 一番メジャーなのがこのタイプ。保湿力が高く、乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめです。しっかり塗れて落ちにくく、化粧下地として使えるものも多くあります。しかし、伸びが悪いため塗りにくく、白浮きしてしまうことも。また、油分が多いため、肌荒れ・ニキビの原因になることもあります。そして、落ちにくいということは落としにくいということでもあります。肌に残らないよう、クレンジング剤などを使ってしっかり落とすようにしましょう。
ミルク(乳液) 肌にやさしいこのタイプは、敏感肌の方におすすめです。伸ばしやすく塗りやすいので、顔だけでなく体にも使いやすいことが特長です。
ローション 一番肌にやさしいのがこのタイプ。敏感肌の方でも気軽に使えます。化粧水のようなテクスチャで扱いやすいため、日々のスキンケアに紫外線対策を気軽に取り入れられます。しかし、落ちやすくSPF・PAも低いものが多いため、屋外スポーツなどには向きません。
ジェル 塗布後の肌がベタつかずサラっとしているため、日焼け止め独特のベタつきが気になる方におすすめです。透明で伸びもよく非常に使いやすいため、気軽に全身に使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、その使用感に反して刺激の強い成分を配合していることが多いため、特に敏感肌の方は注意が必要です。
スプレータイプ 手で塗るタイプの日焼け止めとは異なり、スプレー缶に入っているのがこのタイプ。塗りにくい場所や、日焼け止めを嫌がる子供にもおすすめです。シューッと吹きかけるだけなので手が汚れず手軽に使えます。しかし、周囲に飛び散るため使う場所を選ぶ、塗りムラができやすい、といったデメリットもあります。
パウダータイプ メイクの仕上げに乗せるだけなので、塗るタイプが苦手な方にもおすすめです。肌にやさしく落としやすいため、敏感肌の人にもよいでしょう。また、化粧なおしとしても優秀です。ただし、落ちやすいため、都度の塗りなおしが必要です。

この他にも、シートタイプ、スティックタイプなど様々な商品があります。

汗の少ない春先の日焼け止め

“汗で落ちない”がウリのウォータープルーフはとても魅力的ですが、「落ちない」ということは密着性が高く、肌への負担も高いということでもあります。夏に比べると汗をかきにくいこの時期は、サラサラしたローション・ジェルタイプとパウダータイプの日焼け止めの併用がおすすめです。

紫外線が強い夏の日焼け止め

この時期は、密着性の高いクリーム・ミルクタイプの日焼け止めがおすすめです。特にスポーツなど汗をかく時には、SPFやPAが高めでウォータープルーフのものを。オプション機能として「皮脂吸収剤」が入っているものも、皮脂崩れを防げるためおすすめします。しかし、いくらSPF・PAが高くとも、時間と共に効果は薄れます。塗りなおしをせずSPF・PAが高い日焼け止めを使うよりも、SPF・PAはそこそこでも、しっかり2,3時間ごとに塗りなおしをする方が効果的です。塗るタイプの日焼け止めをこまめに塗りなおすのは難しい…という場合でも、パウダータイプであれば手軽に使えます。春先から引き続き、パウダータイプの日焼け止めとの併用をおすすめします。

パウダータイプの日焼け止め

パウダーはそれだけで紫外線をブロックするには非力です。しかし、塗るタイプと併用すれば一石二鳥!塗るタイプだけではなかなか難しい“日焼け止めのこまめな塗りなおし”がパウダータイプでは化粧なおしとして容易に行えます。そう、パウダーはそれ単品では心許なくとも、塗るタイプとの併用で真価を発揮するのです。

スプレータイプの日焼け止め

スプレータイプはどこにでも塗れるイメージですが、塗りムラができやすい上、顔にも直接スプレーできません。全身に使うよりも、手の届かない背中、頭皮や髪、足元など、手で塗りにくい場所に使いましょう。また、日焼け止めを嫌がる子供のUVケアにもおすすめです。

ファンデーションに日焼け止め機能がある場合、日焼け止めは必要?

最近では日焼け止め機能の付いたリキッドファンデーションも多くありますよね。もちろんファンデーションを塗るだけでも日焼け止めの効果はあります。しかし、ファンデーションは汗や摩擦で取れやすいため、やはり日焼け止めとの重ね塗りがベスト。化粧下地効果のある日焼け止めも多くありますので、併用するようにしましょう。

虫よけと日焼け止め、どちらを先に塗るの?

夏はどちらも塗る、という方も多いのではないのでしょうか。虫よけと日焼け止めの塗る順番は決まっていないので、アイテムで決めましょう。ローション→ミルク→クリーム→パウダー→スプレー、というように、化粧品と変わりません。虫よけがスプレータイプなら、日焼け止めを塗った後からスプレーすればよいでしょう。

日焼け止めテクニックまとめ

さて、たくさん情報を述べてきましたが、最後にしっかりまとめたいと思います。

●紫外線吸収剤・散乱剤で長所短所が違う

紫外線吸収剤は、紫外線遮断効果が高く付け心地がよい反面、肌への負担が高く、時間と共に効果が薄れます紫外線散乱剤は肌への負担が軽く、長持ちする反面、、白浮きや付け心地の点で心地よくありません。どちらにも長所と短所があり、どちらも短所をカバーした成分・製品が開発されています。防腐剤・安定剤などの配合成分も含め吟味し、用途に応じて選んでくださいね。

●SPF・PAは用途に合ったものを

SPF・PAが高いものは肌への刺激も強くなります。海水浴など紫外線を多く浴びるシーンではSPF・PAの高いものを、デイリーでは低いものといった具合に、用途に合ったものを使いましょう。

●春はやさしい・夏は強い日焼け止めを

季節に合わせて日焼け止めも変えましょう。春はローションタイプなどを、夏はクリーム・ミルクタイプを。いすれもパウダータイプと併用して、こまめな塗りなおしを心がけましょう。

●パウダー・スプレーを併用しよう

パウダー・スプレーともに、それ単品で使うにはいささか心許ないですが、塗るタイプとの併用で真価を発揮します。パウダータイプは、化粧なおしとして手軽にこまめな塗りなおしができます。スプレータイプは、手で塗りづらい背中や髪・頭皮、足元へのポイント使いに便利です。

紫外線対策は、今日明日の日焼けを防ぐためだけではありませんシワやたるみ、シミ、そばかす、色素沈着、そして皮膚がんを防ぐためにも大変重要です。用途に合った日焼け止めを使って、美しい肌を守ってくださいね!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

記事一覧

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

マッサージ

40代の美白ケア、圧倒的な悩みはシミ!

アラフォー&アラフィフの40代女性は、バリバリ働くキャリアウーマンも、子育てが一段落した方も、抱える肌の悩みはほぼ同じ。圧倒的に多いのがシミやくすみ。それに次いで、たるみや法令腺も悩みの上位です。

シミ

「シミ」、「くすみ」、「くま」の原因と、効果的なスキンケア方法は?

「シミ」、「くすみ」、「くま」があると肌が暗く見えてしまい、美人度がダウンしてしまいます。「シミ」、「くすみ」、「くま」はメイクでは隠しきれないことも多いので、正しいスキンケアで根本的に解決しなければなりません。「シミ」、「くすみ」、「くま」の原因と効果的なスキンケア方法をおさらいしましょう。

しみ

シミの原因「メラニン、ファンデ、ストレス、乾燥、食べ物…」予防と対策を知ってサヨナラしましょう!

女性にとって老け顔に見えてしまう「シミ」は、とっても悩みのタネ。シミができる原因として一般的によく知られているのが紫外線の影響ですよね。しかし原因はそれだけではないんです。活性酸素やストレス、加齢、ファンデの油分、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れetcによってシミは発生します。シミができる原因と改善策を学んで、美しい素肌を目指しましょう。

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner