女性のための体臭&加齢臭改善マニュアル

女性の皆さん、“体のニオイ対策”していますか?「私はまだ大丈夫」と思っていても、実は自分のニオイに慣れているだけかもしれません。「女性=良い香り」のためとはいえ、香りの多用はくさ~いニオイが混じって、自分で気付かぬうちに“スメハラ”にもなりかねません。体臭・加齢臭対策は香りづけの前に、ニオイの原因を除去することからです!

 

ナゼにおう?ニオイの種類、その原因とメカニズム

女性である以上、保ち続けたい良い香り。自分は無臭だと思っていたのに、ある日突然自分が脱いだ服から漂う嗅いだことの無いニオイに気付いて大ショック!なんてことも。ふとすれ違ったときに男性を誘惑するほどパワフルな効果のある香りだからこそ、不快にさせるニオイには要注意です。

体臭と加齢臭のちがい

不快なニオイは主に2種類あります。1つは体臭、もう1つは加齢臭。体臭、といえば体から臭う不快臭のことですから、加齢臭もその中のひとつではありますが、他の体臭とは少しちがいます。体臭が年齢に関係なく発生するのに対し、加齢臭は年齢を重ねるごとにニオイを放つようになります。加齢臭、といえば男性の悩みで女性には関係ない…とお思いでしたら大間違い!女性も年齢とともにニオイを放つようになります。

ニオイの原因とそのメカニズム

●体臭

多くの体臭の原因は汗です。汗を分泌する汗腺には、サラサラした汗を分泌するエクリン腺と、脂質やタンパク質などを含んだ濃い汗を分泌するアポクリン腺の2種類あり、どちらからの汗も分泌されてすぐはほぼ無臭です。しかし、皮膚常在菌が汗・皮脂・垢の混じったものを分解・酸化することで、次第にニオイを放つようになります。体臭が特に気になる場所は、脇や足ではないでしょうか?脇は、常在菌が多い上、そのエサとなる成分を多く含む汗を分泌するアポクリン腺も多くあるため、ニオイが発生しやすいのです。ニオイの成分はビニルケトン類・3-メチル-2-ヘキセン酸など。足はエクリン腺が多く汗をかきやすい上、角質も多い場所です。しかも靴や靴下でムレるため、雑菌が繁殖するのに絶好の環境です。ニオイの成分はイソ吉草酸などが挙げられます。

● 加齢臭

加齢臭の原因は皮脂にあります。皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化分解されることで、「ノネナール」という加齢臭独特のニオイ成分を生成させます。しかし、若い頃はこんなニオイしなかったはず…?それもそのはず、9-ヘキサデセン酸は40歳を過ぎる頃から、過酸化脂質も年齢とともに増えるのです。そして、原因が皮脂ということは、全身からニオイが発生するということ。皮脂腺の多い場所でも特に、耳の後ろ・首筋・頭・脇などは強いニオイを発生させます。

 

私も臭ってる?!まず、セルフチェック

クサイとそれだけで損

ニオイが与える周囲への影響はバカにできません。人間関係全般に悪影響を与えてしまいます。恋愛・結婚生活への障害になることはもちろんのこと、職場や公共の場で他人にストレス(スメハラ)を与えてしまうことにもなります。洋服がシミになりやすく、ニオイが取れにくくなります。シミになった衣類の買い替えのため不要な出費も増え、お財布にも優しくありません。臭くていいことなんて、何もありません。

放っていない?こんなニオイがしたらやばい!

ニオイの発生場所にティッシュを押し当てたものや、普段着ている服、靴の匂いを嗅いでみましょう。こんなニオイがしたらレッドカード!

●体臭

酸っぱい、納豆、生魚、たまご、便、腐敗臭、アンモニア、鉄・血液、などのようなニオイ

●加齢臭

ブルーチーズ、ロウソク、古本、古くなった油、お線香、押入れや古いタンス、などのようなニオイ

体臭生活度チェックリスト

こんな習慣をしていたら要注意!クサイ女になるための努力をしているようなものです。心当たりはありませんか?

  • 肉類や揚げ物など脂っぽい料理が好き
  • 野菜をあまり食べない
  • スナック菓子を頻繁に食べる
  • アルコールは毎晩飲む
  • 喫煙の習慣がある
  • 生活リズムが整っていない
  • 睡眠不足
  • ほぼ運動しない
  • 便秘がち
  • ストレスが多い

いかがでしたか?ヤバイ!と思ったあなた、今すぐ対策して香る女性へ改善していきましょう!

「私はまだ大丈夫」が危険!加齢臭対策は30代からはじめましょう

気になるニオイ対策。いつからはじめれば良いのでしょうか?体臭対策は今すぐ!前章のチェックリストに心当たりのある方は、まず生活習慣を改善しましょう。そして気になる加齢臭対策は、臭う前からが鉄則!30代からがはじめどきです。

男性だけではない!女性も対策必須の加齢臭、どのようにはじまる?

加齢臭は他の体臭とは別物です。読んで字の如く、加齢とともにはじまります。女性であればホルモンバランスの崩れる閉経前後から。加齢臭以外の体臭の原因の多くは、常在菌をはじめとする雑菌が、皮脂・垢・汗が混じったものを分解・酸化させることにあります。それに対して加齢臭は、「9-ヘキサデセン酸」を「過酸化脂質」が酸化分解した際に発生する「ノネナール」が原因です。「9-ヘキサデセン酸」は皮脂に含まれる成分で、女性ホルモンが減る40歳頃から急に増えはじめます。一方の「過酸化脂質」は、皮脂などに含まれる脂質が活性酸素により酸化したもの。加齢と共に抗酸化力が低下し、活性酸素が増えることにより過酸化脂質も増えます。つまり、加齢臭のはじまりは、9-ヘキサデセン酸が急に増えはじめる40歳頃から、といえるでしょう。しかし、年齢・体質だけではありません。自律神経・ホルモンバランスや抗酸化力を低下させるような生活習慣の乱れは、加齢臭のはじまりを早めたり、ニオイを酷くしたりします。対策をはじめるなら30代はその差が出やすい時期。20代であっても、チェックリストに該当項目が多い人は早く対策するに越したことはありません。

さよならニオイ!素敵な香りを放つ体質への改善方法

くさ~いニオイにさようなら!体臭・加齢臭を抑え素敵な香りを放つ女性になるために、体質から改善する方法をお教えします!

体の清潔さを保つ

基本中の基本!ニオイを抑えることは、身体を清潔に保つことからはじまります。

薬用の殺菌作用のあるボディーソープを利用する

肌に残った菌は洗えば落ちますが、時間が経てば元の木阿弥。時間が経っても菌の繁殖を抑えてくれる殺菌作用のあるボディソープはおすすめです。毛穴の汚れを吸着するクレイが配合されたものもよいでしょう。また、柿渋(カキタンニン)はノネナールを消臭してくれるため、加齢臭にお悩みの方におすすめします。

保湿ケア

脂っぽいから保湿はしない…これはNG!その脂っぽさ、もしかすると乾燥が原因かもしれません。保湿ケアには、抗酸化作用が高く皮脂の分泌も抑えてくれる、ビタミンC誘導体が配合されたものがおすすめ。アスタキサンチン・コエンザイムQ10も抗酸化作用が高いため、ビタミンC誘導体と共におすすめします。

頭皮の皮脂対策

シャンプーは、髪の毛だけではなく頭皮の毛穴の皮脂をしっかり落とすことが重要です。ただし、落とし過ぎは厳禁!油分のなくなった頭皮を保護するために、皮脂が過剰分泌されてしまいます。また、頭皮の乾燥が皮脂の過剰分泌につながっていることも。その場合、保湿で解決することもありますので、頭皮ローションやミスト化粧水などでの保湿もお試しくださいね。

汗はこまめに拭こう

汗はこまめに拭きましょう。このとき、優しく抑えるように拭き取るのがポイント。タオルは濡れタオルをおすすめします。

靴や衣類は清潔に

まとめて洗いがちな衣類ですが、できるだけこまめに洗うようにしましょう。汚れたまま放置しておくと、雑菌が繁殖したりシミになったりします。また、太陽光に含まれる紫外線には殺菌作用があります。できるだけ天日干しをするようにしましょう。靴は毎日同じものを履かず、1日履いたら最低1日は休ませるようにしましょう。足には汗腺が多く、思っている以上に汗をかいています。靴の中が湿っている状態が続くと、雑菌やカビが繁殖しニオイの原因に。靴と足が臭くならないよう、数足をローテーションで履くようにしましょう。

脱毛 

汗で濡れた衣類が臭くなるのと同様に、体毛も雑菌が繁殖すればニオイを放ちます。体に残る汗や汚れを減らすことができるため、脱毛もおすすめのニオイ対策です。ムダ毛の自己処理で肌トラブルに…ということもなくなります。

生活習慣を変える

生活習慣を改善することで、体臭・加齢臭を抑えることができます。特に加齢臭対策は酸化対策でもあります。過酸化脂質を作らせないことで、加齢臭を抑えるのです。

食生活から活性酸素と皮脂分泌を抑える

抗酸化力の高い、ビタミンA・C・E、リコピン、ポリフェノール、カテキンなどの栄養素を含む食品を積極的に摂りましょう。皮脂分泌を抑えるためにも、脂肪分の取り過ぎにはご注意を。

飲酒を控える

アルコールは肝臓で分解されるときに、活性酸素・アセトアルデヒドなどを発生させます。アセトアルデヒドは独特の刺激臭を持ち、殆どは排泄物と一緒に排出されます。しかし、一部は呼気・汗と共に排出され、ニオイの原因となります。

喫煙を控える

口臭はもちろん、服に付いて不快なニオイを撒き散らすタバコ。喫煙者は体臭自体もきつくなるといわれています。それだけでなく、煙に含まれる沢山の有害物質の中には強力な活性酸素も含まれています。

運動などで汗をかく習慣を

運動・入浴などで汗をかく習慣をつけ、雑菌のエサとなるミネラル分の少ない、サラサラした良い汗をかけるようにしましょう。汗の臭いが気になる方は「汗腺トレーニング」を実践しようも是非ご一読くださいね!

紫外線対策

紫外線は活性酸素を発生させる大きな原因のひとつです。日焼け止めに日傘・帽子などの紫外線対策はお忘れなく。

しっかり睡眠を取ろう

睡眠不足は基礎代謝を下げ、活性酸素を発生させてしまいます。規則正しく十分な睡眠を取るよう心がけましょう。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンの減少とともに増加する9-ヘキサデセン酸。ホルモンバランスを整えることで、分泌を抑えることができます。

食生活を改善する

先ほども挙げましたが、食生活の改善はホルモンバランスを整える上でも重要です。ファーストフードや肉類・揚げ物など脂っぽい料理、スナック菓子の摂りすぎ、そして野菜不足はホルモンバランスを乱します。野菜中心でバランスの良い食事を心がけましょう。女性ホルモンを整える、イソフラボン、ビタミンB6・E類などの栄養素は積極的に摂りましょう。食事で補えない分はサプリメントで摂ってもよいでしょう。

しっかり睡眠を取ろう

こちらも先ほどと重複しますが、睡眠もホルモンバランスを整えるために必要です。睡眠中は、成長ホルモンをはじめとするさまざまなホルモンが分泌されています。そのホルモンのお陰で心身のバランスが保たれています。しっかりと睡眠を取ることは大変重要なのです。

香りで女性ホルモンUP!

バラやゼラニウム、イランイラン、ネロリなど…香りは、女性ホルモンの分泌を助けてくれます。

キュンキュンする時間を持つ

パートナーでも、俳優や歌手などでも、恋愛映画や漫画でも。ときめきが女性ホルモンを分泌させてくれます。

運動をする

軽い運動で構いません。できる範囲で少しずつ運動するようにしましょう。自律神経が整うことでホルモンバランスも整います。おすすめはベリーダンス。女性ホルモンの分泌を増やすといわれています。

身体を温める

冷えはさまざまな不調を引き起こします。食べ物・飲み物は温かいものを摂るよう心がけましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりつかるのもおすすめです。

いかがでしょうか?臭~いニオイと決別するためにも、この改善方法を試してみてくださいね!!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner