脂性肌用ファンデーション・下地選びのポイント

皮脂が多い脂性肌さんはファンデーションや皮脂崩れ防止下地で対策しなければ、ちょっとした外出・通勤で化粧崩れを起こしてしまいます。夏の皮脂の悩みを解決すべく、下地やファンデの選び方から使い方をご紹介します。

脂性肌(オイリー肌)の特徴と化粧崩れの悩み

皮脂の分泌が普通より多い肌タイプを、脂性肌(オイリー肌)と呼びます。脂性肌の特徴は、皮脂と肌の水分量のどちらも多いこと。皮脂分泌が多いから脂性肌…と思いきや乾燥している肌をインナードライ肌と呼び、脂性肌と間違いやすいので要注意。脂性肌とは対策が異なりますので、肌タイプの見極めは大切です。

話は戻って、脂性肌のお悩みといえば、テカリ・べたつきや毛穴の開きをはじめとする毛穴トラブル。そして化粧崩れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?オイルクレンジングで化粧が簡単に落ちるように、化粧崩れの最大の原因は油分、皮脂です。そう、化粧崩れは、化粧品が皮脂で溶かされて流れることによって起こるのです。

Tゾーンのお悩み

特に皮脂が多いTゾーンは、テカリとべたつきが気になりますよね。毛穴の開きや毛穴の詰まり、角栓やニキビでお悩みではないでしょうか。そして、Tゾーンは化粧崩れの一番の悩みどころでもあります。化粧直しをしたつもりがファンデーションがヨレてさらに汚くなってしまった…という経験をされた方も少なくないでしょう。

Uゾーンのお悩み

乾燥肌と脂性肌が混在するUゾーン(=顎周り)。Tゾーンが脂性肌でもUゾーンはインナードライ肌、という方が多いのではないでしょうか。この部分の主なお悩みは、毛穴の詰まりやニキビ。原因のひとつに、Uゾーンのインナードライ肌に気づかず、脂性肌のTゾーンに合わせたスキンケア・メイクで乾燥を悪化させていることがあげられます。 

アイテム別、下地・ファンデーションの選び方

厄介な皮脂崩れを防止するために選ぶべきアイテムのポイントを、いくつかお教えします。

皮脂崩れ防止下地

ファンデーションの前に塗る化粧下地は、なんといっても「皮脂吸収」効果がある商品でしょう。化粧品自体が皮脂を吸収してくれますので、長時間化粧崩れを防いでくれます。ただし、インナードライ肌や、乾燥しているUゾーンへの使用は避けましょう。脂性肌で皮脂の気になる部分へのポイント使いがおすすめです。また、鼻の周りなどの赤みが気になる部分には、コントロールカラーを使いましょう。グリーン・イエローなど、人により合う色はさまざまですので、一度試してみてくださいね。

リキッドファンデーション

一般的なリキッドファンデーションは油分が多いため、皮脂崩れしやすいものがほとんどです。しかし、リキッドファンデーションでも、ウォータープルーフのものはしっかり肌に密着するため化粧崩れしにくくなっています。特に、ゲルタイプのファンデーションはヨレにくくおすすめです。ゲル自体が顔の表情に合わせて動き、顔の動きが止まるとしっかりフラットな状態に戻ります。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは余分な皮脂を吸収してくれるため、脂性肌の方に最適のファンデーションといえるでしょう。ただし、パールなど光って見える成分が配合されている製品は避けましょう。ただでさえテカっている部分が強調されてしまいます。また、脂性肌はどうしても化粧崩れしやすいため、他の肌質の方に比べ化粧直しの頻度も高くなります。パウダーファンデーションは化粧直しのしやすいものを選ぶとよいでしょう。

化粧落とし

皮脂対策のファンデーションは肌への密着性が高く、毛穴に詰まりやすくなっています。クレンジングは、化粧品に馴染みやすくしっかり落とせるオイルクレンジングをおすすめします。ただし、オイルクレンジングはミルク・クリームタイプなどに比べ肌への負担も重くなります。肌荒れしているときは、使用を避ける・皮脂が気になる場所への部分使いに留めるようにしましょう。

脂性肌さんにおすすめテクニック

皮脂の分泌を抑えたり、化粧直しする際のちょっとしたテクニックをお教えします。

ミスト化粧水を持ち歩こう

肌の脂っぽさが気になるときは、ミスト化粧水を使ったあぶらとりテクニックを使いましょう。ミスト化粧水を顔に吹きかけ、ティッシュを顔に乗せて余分な皮脂と化粧水を拭き取るだけ。保湿しながら余分な皮脂だけ取れるためおすすめです。皮脂対策であぶらとり紙を使っている方もいるのではないかと思いますが、あまりおすすめできません。あぶらとり紙は必要な皮脂まで取ってしまうため、結果的に皮脂の分泌を促してしまうのです。

皮脂を抑える食事

皮脂の過剰分泌を抑えるために、食事で気をつけて欲しいことが2つあります。1つは皮脂分泌を抑える栄養素を摂ること。皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC、皮脂分泌の調整をするビタミンB群、特にB2とB6をしっかり摂りましょう。もう1つは皮脂分泌を増やす栄養素の過剰摂取に気をつけること。脂質・糖質の多い食事は皮脂を増やします。脂っこいものや炭水化物、乳製品、スナック菓子やケーキなどの甘いお菓子はほどほどにしましょう。 

生活習慣を見直そう

睡眠不足やストレスの多い生活は、皮脂の過剰分泌を招きます。仕事をしているとなかなか難しいかもしれませんが、夜は22時、遅くとも0時には就寝するよう心がけましょう。また、飲酒や喫煙も皮脂の過剰分泌の原因です。アルコールは睡眠の質を下げるだけではなく、分解にビタミンB群を必要とします。また、タバコは血流を妨げるため、肌へ栄養素が届きづらくなります。それだけではなく、ビタミンC・Eを破壊します。お酒とタバコはほどほどにしましょう。

洗顔方法を見直そう

皮脂をさっぱり落としたい!と、顔をゴシゴシ擦って洗ったり、一日に何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使ったりしていませんか?もしかして、洗いすぎで肌のバリア機能が低下した結果、皮脂の過剰分泌が引き起こされているかもしれません。洗顔料はしっかり泡立て、手で直接顔を擦らないように洗顔しましょう。不要な皮脂を落とすことは大切ですが、必要な皮脂を残すことも同じくらい大切です。洗顔後の保湿もお忘れなく。脂性肌の方は、さっぱりタイプの商品を選ぶとよいでしょう。

あらゆる肌質の中で一番皮脂崩れに悩まされるのがこの脂性肌。肌に合ったファンデーション・下地を選ぶことで、化粧崩れ知らずの夏を過ごしましょう!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner