ダイエットだけじゃない!話題の酵素パワーとは?

巷で話題の酵素ダイエットですが、酵素がダイエットに効果的といわれるのはどうしてなのでしょうか?発酵食品の持つ栄養とその効果について、分かりやすくまとめました。

酵素って?

最近話題の酵素って、どんなもの?そうお思いの方も多いのではないでしょうか。

酵素とはたんぱく質の一種で、触媒作用を持ち、人体、食品はもちろんのこと、洗剤類や化粧品、医薬品や殺虫剤などさまざまなものに含まれています。

触媒作用とは、 触媒そのものを変質させず化学反応を助ける作用を言います。そのままでは起こらない化学反応を起こさせたり、化学反応の速度を早めます。人間の生命維持も、酵素を触媒とした化学反応によって成り立っています

消化酵素と代謝酵素の2つに大きく分類される人体の酵素と、食品に含まれる食物酵素について詳しくご説明します。

消化酵素とは

消化酵素は、食べた食物を身体の中で消化するのを助ける酵素です。唾液や胃液、腸液など消化器官の分泌する消化液に含まれ、たんぱく質分解酵素炭水化物分解酵素脂肪分解酵素の3つに分類されます。たんぱく質はペプシンやトリプシンによりアミノ酸などに、炭水化物はアミラーゼやマルターゼによりブドウ糖などに、脂質はリパーゼなどで脂肪酸などに分解され、身体に吸収されます。

代謝酵素とは

代謝酵素は、消化され身体に吸収された栄養を、各臓器で使える形へ分解します。運動・呼吸・解毒・免疫の働きを支え、身体を維持する大切な役割を持っています。よく知られるのがアルコール分解酵素ではないでしょうか。アルコールの分解は、アルコールをアルコール脱水素酵素がアセトアルデヒドに分解し、そのアセトアルデヒドをアセトアルデヒド脱水素酵素が酢酸に、そこから酢酸をアセチルCOA合成酵素が分解して…とさまざまな酵素が分解した結果、最終的に水と二酸化炭素に分解されるのです。

食物酵素とは

食物酵素とは、読んで字のごとく食物に含まれる酵素です。酵素の種類は食物によってさまざまですが、たんぱく質分解酵素・炭水化物分解酵素・脂肪分解酵素のいずれか、もしくは全てを含んでいます。消化酵素を助け、栄養素の消化・吸収をスムースにしてくれます。たんぱく質でできているため、最終的には消化されてアミノ酸として吸収されます。

消化酵素と代謝酵素は互いに影響しあいます。体調を崩していたりストレスが溜まっていたりすると、心身を健康に維持するために代謝酵素を多く作って使うことになります。すると、消化酵素まで作る余裕がなくなり、消化酵素の数が減ってしまいます。その結果、消化不良を起こしたり、食が細ったり、胃もたれを起こしたり…といった胃腸のトラブルを引き起こしてしまいます。逆もしかり、暴飲暴食・偏った食事によって消化酵素を多く消費すると、代謝酵素の生成が追いつかず体調を崩してしまいます

抗酸化食事

食べ物から酵素を取り入れても、たんぱく質として分解吸収されるので意味がないのでは?という意見も見られます。しかし、食物酵素は消化酵素同様、栄養素を分解する作用を持ちます。パイナップルに漬けた肉が柔らかくなる、という話は聞いたことがあるのではないでしょうか。これは、パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素、ブロメラインがたんぱく質を分解することで起こります。このことからもおわかりのとおり、食事から食物酵素を取り入れることも大切なのです。

ダイエットだけじゃない酵素のパワーとは

ここまでの記事で、身体を維持するため、生きていくために酵素が必要だということはおわかりいただけたでしょうか。酵素のパワーはダイエット効果のみに留まりません。実際、どのような効果があるのか、一部ご紹介いたします。

ダイエット効果

まずは巷で話題のダイエット効果。食物酵素を多く摂ることで、消化酵素を多く使わずスムースに食物の消化・吸収を行うことができます。その結果代謝酵素が増え、身体を動かすためのエネルギーや、新しく健康な細胞などをしっかり作ることができます。そして、溜まった老廃物もスムースに排出されます。新陳代謝が上がるため、ダイエット効果があると言われているのですね。

美肌効果

摂取した食物酵素は分解され、腸には届くころにはアミノ酸などの栄養素になっています。しかし、それまでの間に消化酵素の働きを助け、食物の分解を進めています。そのため、腸での消化の負担が減り、スムースに栄養素を吸収することができます。実際、酵素ダイエットの効果はわからないけれど、お通じが良くなったから続けている、という方もいらっしゃいます。腸内環境が整うことで美肌にもつながります。

体内の酵素が不足すると

体調不良や不摂生、加齢により体内の酵素は不足します。酵素不足は、消化酵素より代謝酵素へのしわ寄せが顕著です。

代謝酵素の不足により、基礎代謝が落ちて痩せにくくなります。新しい細胞を作る力も弱まるため、肌荒れや肌老化にも繋がります。そしてエネルギーも潤沢に作れなくなるため、疲れやすくなったり、体温が低下したりもします。

酵素を多く含む食べ物

普段の食事で口にするものの中にも、酵素を多く含んでいる食材はたくさんあります。特に多い食材をご紹介します。

生野菜

大根・セロリ・にんじん・キャベツなどに多く含まれます。消化酵素であるジアスターゼの多い大根おろしは、特に大根おろしで食べることをおすすめします。すりおろしてすぐ使う、汁まで飲むことがポイント。

発酵食品

発酵によって酵素が作られるため、発酵食品全般に酵素を多く含みます。特に納豆には、たんぱく質分解酵素であるプロテアーゼ、炭水化物分解酵素であるアミラーゼ、脂肪分解酵素であるリパーゼなど多くの消化酵素が含まれています。しかも発酵食品は、ある程度身体に吸収しやすい形に栄養素が分解されているため、消化の負担が少ない食品です。積極的に食べるようにしましょう。

果物

果物も酵素を多く含む食材です。パイナップルやパパイア、キウイなどは、タンパク質分解酵素を多く含みます。肉料理などたんぱく質を多く含む料理と一緒に摂りたいですね。

この他にも、刺身や生肉なども酵素を多く含みます。酵素は熱に弱いため、効果を求める時は加熱せずに摂ることを心がけてください。例えば、味噌は味噌汁など加熱して使うことが多いですが、野菜スティックにつけて食べるなど生でも食べる工夫をするとよいでしょう。

酵素と上手に付き合って健康美人を目指そう!

体内での酵素の働きと、食物酵素の関係はおわかりいただけましたか?

酵素と上手に付き合うために、普段の食生活で食物酵素の多い食品を意識して摂りましょう。体内の酵素の無駄遣いとなる生活習慣・食生活の乱れや、飲酒・喫煙を控えることもお忘れなく。

そして、酵素を活性化させるビタミン、特にB群と、鉄分や亜鉛などのミネラルをしっかりと摂りましょう。生野菜ばかり摂り、発酵食品も加熱せずに食べる…というのは現実的ではありませんから、手軽に取り入れられるサプリメントも上手に活用しましょう。

酵素と上手に付き合って、健康美人を目指しましょう!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner