日焼けと食べ物の関係って?朝に絶対食べてはいけないのは○○だった!

日焼けと食べ物が関係あるってご存じでしたか!?日焼けしたくないなら、朝に絶対食べてはいけないものがあるんです!日焼けに良い食べ物・栄養素もあわせてご紹介します。

 日焼け・食べ物

日焼けと食べ物の関係とは

肌に良いとされる食べ物はよく耳にすると思いますが、日焼けしやすい食べ物もあることはあまり知られていないのではないでしょうか。食べ物と日焼けには一見関係ないようで、深く関係しています。

いつも日焼け止めクリームに日傘、サングラスなどで紫外線対策はバッチリ! と思っていてもいつの間にか日焼けしてシミができてしまっている……なんていうことはありませんか?そんなときは食べ物にも注意してみましょう。じつは、紫外線を吸収しやすい成分の含まれる食べ物があるのです。その食べ物に共通しているのが「光毒性」を持っているということ。この光毒性を持っている成分としてあげられるのが「ソラレン」です。ソラレンにある光毒性が日焼けの原因になるのです。

朝に○○を食べると日焼けしやすい!

ビタミンCが肌に良いというのは皆さんもご存知ですよね。しかしレモンやオレンジ、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系の果物にはソラレンが多く含まれています。さらに、パセリ、セロリ、春菊、みつ葉などの香味野菜にも同様にソラレンが多く含まれているのです。レモンやオレンジ、グレープフルーツなどはビタミンCが豊富で美肌にも良いといわれている果物ですが、同時に光毒性もあるので食べ方には注意が必要ですね。1度にたくさん食べた後、直射日光を浴びるとシミができやすくなってしまいますので気をつけましょう!

 

光毒性とは

光毒性とは、直射日光に当たると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまう性質のことです。この光毒性のある成分としてあげられるのが、植物の中に含まれる「ソラレン」というものです。

ソラレンとは

そもそも、ソラレンという成分は紫外線に対する感受性を高くし、紫外線を吸収しやすくする作用があります。なので、ソラレンを含む食べ物を食べてから紫外線を浴びてしまうと、肌に赤みやシミ、色素沈着を引き起こす可能性があるのです。

ソラレンを含む食べ物

ソラレンは肌に良いとされる柑橘類や料理に風味を添える香味野菜に多く含まれています。いくつかご紹介しますので、紫外線を浴びる予定の前には注意しましょう。

  • きゅうり
  • パセリ
  • セロリ
  • しそ
  • みつ葉
  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • いちじく
  • キウイ

昔はきゅうりでパックすると美肌になるといわれていましたが、きゅうりにもソラレンが含まれているのであまりおすすめできません。また、ビタミンCが多く含まれるレモンやグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系の果物は美肌にももちろんぴったりですが、同時にソラレンも多く含まれているため、食べ方には注意が必要です。

これらの果物や野菜は肌に良いとされるビタミンなども多く含まれています。光毒性を持っているからといって、食べてはいけないというわけではなく、食べる時間さえ気をつければそれほど神経質になることありません。

ソラレンは、取り入れてから約2時間で、全身に行き渡ります。なので朝のお出かけ前や野外スポーツの前など、紫外線を浴びる可能性があるというときには、ソラレンを含むものは控えるのが良いしょう。

オレンジやレモンに含まれるビタミンCは、日焼け後の肌のダメージ回復や健康な肌をつくるために欠かせないものです。効果的に摂取するためには、柑橘系の果物や、きゅうり、セロリなどの香味野菜は夜食に摂るのがおすすめです。

日焼けによくない食べ物

光毒性物質であるソラレンを多く含む食べ物以外にも、日焼けによくないものがあります。例えば、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれた加工食品は、肌が日光に過敏に反応しシミができやすくなるといわれています。安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能性があります。また、アルコールを摂取したときや、体内にまだアルコールが残っている状態のときも日焼けしやすくなるといわれています。屋外でアルコールを飲むときは、注意してくださいね。

 日焼け・食べ物

日焼けの後におすすめの食べ物

日焼けによってダメージを受けてしまった肌はそのままにせず、きちんとケアしてあげましょう。新陳代謝を活発にし、回復を促してあげればダメージは少なくてすみます。

新陳代謝を促進させる働きがあるビタミンA、C、Eなどを多く含む食べ物を積極的に摂ることをおすすめします。また、抗酸化作用のあるリコピン、ポリフェノールなどを意識して摂るようにしましょう。

ビタミンCというとレモンを連想する方も多いと思いますが、イチゴもビタミンCが豊富な食べ物です。イチゴにはビタミンCだけでなく葉酸や鉄分、カルニチンも含まれています。日焼けだけでなく女性に多い貧血や冷えの悩みにも効果的なので女性には本当におすすめですよ!

さらに、日焼けしてしてしまった後におすすめの飲み物がアセロラジュースです。アセロラはビタミンが豊富に含まれているだけでなく、ポリフェノールのアントシアニンも多く含まれています。ジュースで飲むことで、より体に吸収しやすくなります。これらを意識しながら、バランスのとれた規則正しい食生活を心がけましょう。

 

美白効果のある栄養素を含む食材

新陳代謝を活発にする働きを持つビタミンA、C、EやビタミンB、ポリフェノール、リコピンを中心に美肌効果のある食材をご紹介します。ぜひ参考にしてください。毎日の食事に取り入れやすいものばかりですよ。

ビタミンA うなぎ、卵黄、バター、かぼちゃ、レバーなど
ビタミンC 柑橘類、イモ類、大根、海苔、緑茶など
ビタミンE アボカド、植物油、サンマ、アーモンドなどのナッツ類など
ビタミンB 胚芽米、玄米、豆類など
リコピン トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなど
ポリフェノール 赤ワイン、そば、緑茶、カカオなど

  

紫外線の強くなる季節、基本の日焼け止めとアフターケアをお忘れなく!

お肌のお手入れは女性にとって、とても大切なもの。漠然とUVケアするのではなく、体の外側と内側、両方からアプローチしていきましょう。紫外線によるダメージから肌を守り、健やかな肌をキープするためには、食べ物にも気をつけることが大切です。光毒性のあるソラレンを含む食べ物は、摂取する時間帯に注意して上手に食べて、美肌を目指しましょう!

また、季節や紫外線の強さに合わせて日焼け止めは必ず使用し、乾燥やベタつきなどそのときの肌の状態に合わせたケアをすることも大切です。

それでも紫外線のダメージを受けてしまった場合は、ビタミンやポリフェノールの豊富な食べ物や保湿化粧品で丁寧にアフターケアをしてあげましょう。

さらに、新陳代謝は寝ている間に活発になります。質の良い睡眠を十分にとることも肌の回復には必要です。

 

規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけながら、基本の日焼け止めや保湿を怠らずにいれば健やかな肌を保つことができるでしょう。心の安定と体の健康を忘れずに、生き生きと毎日を過ごしてくださいね!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録
右バナーゲルファンデ

Similar

Recent Post

PCサイドバナーセンシティブ

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner