敏感肌の日焼け止めは「ノンケミカル」でないとダメ?

強い日焼け止めは肌に負担が大きく、肌が健康な人でも肌荒れをおこしてしまうことがあります。ノンケミカルやケミカルフリーとなっている日焼け止めも最近多いので、「化学合成成分が入っていない=自然のもので紫外線を防げる=お肌にやさしい」というイメージを持つ人も多いはず。ところが一概にそうとは言い切れないのです。

紫外線

日焼け止めでよくいう「ノンケミカル」とは

日焼け止めは大きく分けて2種類あります。

紫外線吸収剤を使ったもの

その名の通り、紫外線を吸収する化学物質を使っているもの。代表的な成分には、こんなものがあります。

•ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
•ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
•メトキシケイヒ酸オクチル
•t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
•オクチルトリアゾン
•パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル など

肌なじみがよく、白残りもしないので、クリームタイプやジェルタイプなど、多くの日焼け止めに使われています。その原理は、肌の上で、紫外線を吸収し熱エネルギーに変換して肌への浸透を防ぐというもの。しかしこの化学反応が肌への負担が大きく、敏感肌の人には刺激が強いことがありました。そしてウォータープルーフやSPF値が高いものほどしっかり落とさないと、シミなどの原因になりかねません。

紫外線散乱剤を使ったもの

一方のノンケミカル、ケミカルフリーと呼ばれる日焼け止めは、紫外線散乱剤を使ったものです。名前のとおり、肌の上で紫外線を反射・拡散する働きをするもので、原材料は、粘土や金属を粉状にした成分です。

•酸化チタン
•酸化亜鉛
•マイカ

肌なじみが悪かったり、白浮きしたり、パリパリに乾燥したりするのが難点。でも刺激が少なく、石けんで落とせるものが多いので、敏感肌の方は「肌に優しいほうが断然いい!」と思いますよね。ところが、気をつけたい点が2つあるのです。

散乱剤は肌に優しい分、紫外線防御力が心配

 ノンケミカルの紫外線散乱剤は肌への負担が少ないものの、肌なじみが悪いのが難点でした。そこで白浮きを和らげて、SPF値を高めるために、粒子をナノ化して配合されていることが多いのです。これが心配のタネになっています。日本では使用が認められていますが、オーガニック認証の世界基準とされる、フランスのエコサートでは、ナノ粒子の使用を認めていません。その理由は「粒子が体内に入ってしまう恐れがあるから」。おおよそ50nm(ナノメートル)と言われる紫外線散乱剤のナノ粒子は、肌細胞のスキマより小さいのです。つまり、溶けない金属などの成分が体内に入ってしまい、蓄積してしまう恐れがあると考えられているのです。

 もうひとつ、紫外線散乱剤は紫外線吸収剤に比べてUV効果が短時間で飛んでしまうので、たびたび塗り直す必要があります。化粧下地に塗っている場合は、化粧直しも大変・・・。紫外線自体、敏感肌には刺激が強く、美肌の大敵です。肌にいくら優しくても、紫外線対策として十分でなければ意味がありません。

UVカット力を選ぶか、肌に優しいを選ぶか・・・もし肌荒れせずに使えるのなら、UVカット力が高い方が断然いいですよね?

紫外線吸収剤が「肌に悪い」という思い込み

そこで、敏感肌の方に朗報です。最近ではシラソーマなど、マイクロカプセルに封入して直接お肌に触れることのない紫外線吸収剤の技術が開発されて、日焼け止めだけでなく、化粧品やヘアケアにも使われるようになりました。

シラーソーマ

一般的に肌への負担が大きく、敏感肌の人におすすめできなかった紫外線吸収剤ですが、もう直接肌に触れさせないで、紫外線をカットできるようになったのです。SPFもPAもしっかりと高く、鉱物油や合成界面活性剤不使用、保湿成分も含まれているなど、肌にやさしく、赤ちゃんから大人まで安心して使える日焼け止めも販売されています。「紫外線吸収剤は肌に悪い」という考えは、もう過去のものになりそうですね。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

記事一覧

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

赤ら顔

赤ら顔だけど美白になりたい!やるべき基本ケアを知りたい

季節を問わず顔に赤みを帯びていたり、外から部屋の中に入ると顔がポッと赤くなったりしやすい肌の方がいますよね。いわゆる「赤ら顔」と呼ばれています。赤ら顔にはタイプがありますが、赤ら顔で悩んでいる方も美白になりたい! という願望を持っています。赤ら顔の美白ケアをご紹介します。

ニキビ悪化

敏感肌・乾燥肌の人がニキビ肌を改善する方法

1年を通して乾燥肌・敏感肌が原因で発生するニキビで悩む方は多いようです。正しいスキンケア方法をとり、確実に改善していきましょう。大切なクレンジングと洗顔はなるべく低刺激な製品を使い、優しく行いましょう。その後ニキビ肌用の化粧水や美容液で乾燥と共にケアします。

敏感肌

敏感肌でもエイジングケアしたい方に

敏感肌からくる肌トラブルで悩んでいる方は「エイジングケア」の化粧品を選びづらいかもしれません。しかし、刺激が強い化粧品は避け、敏感肌の強い味方セラミドや刺激の少ないエイジングケア成分EGFなどを選びながらエイジングケア化粧品をチョイスすれば、敏感肌を守りつつ、エイジングケアすることが可能です。

Similar

Recent Post

右バナーエンリッチ無料サンプル

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

4927_14_12_1_P05_01

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner