保湿力が高い入浴剤は○○が入っている!

風呂での乾燥対策として人気が高いのが入浴剤です。保湿と共にリラックスタイムを楽しみたい!という女性も多いのではないでしょうか。そんな入浴剤の仕組み、保湿成分について知り、自分に合った製品を選びましょう!

バスタイム

入浴剤の白い濁り……実はオイル!?

お風呂に液体入浴剤を入れると、白く濁るようなタイプのものもありますよね。白く濁らせているのは、実は油分であることも多いことをご存じですか?油分配合入浴剤は保湿能力の高さが何よりの魅力。乾燥タイプのお肌をしっとりさせる効果が期待できるので、アトピーの中でも「乾燥肌がひどくてつらい」というタイプの方にオススメされることもあります。反面、敏感肌の方や背中やデコルテに大人ニキビがある方にとっては、使用に注意が必要な製品です。皮膚に余分な油分を与え、負担を掛けることになってしまうでしょう。

また、白く濁っていても「保湿」を謳う製品でない場合は、他の成分であることもあります。内容をしっかりチェックしましょう。

意外なところで「塩」もしっとりします

身近なもので保湿力が高い成分と言えば「塩」です。実は塩には、皮膚の上に膜を作りバリアーする力があるのです。このバリアーが水分の蒸発を防いでくれます。入浴剤使用を考えるなら、適度な塩分が含まれる海洋深層水がオススメです。塩分だけでなく、ミネラルも豊富!スキンケア面でもおすすめです。

この他にも「はちみつ」「海藻エキス」などの保湿成分も

オイルや塩の他、よく使用されるのがはちみつや海藻エキスです。はちみつには吸湿性があり、これがお肌の乾燥を防いでくれます。自分でお風呂に使いたいならば、天然のはちみつを大匙(おおさじ)2杯お湯に落としましょう。安心安全でカサカサを防ぐ効果も期待できます。海藻エキスは海藻の「ぬめり」からとれる成分のこと。こちらも保湿性に優れています。

逆にカサカサさせるのは……?

肌をしっとりさせるつもりが、実は逆に乾燥させてしまうものだった!というケースもあるので注意が必要です。中でも注意したいのが「硫黄」。温泉入浴剤などでもおなじみですが、入浴後はしっかりと洗い流し、保湿のためのケアを行いましょう。

また、炭酸系の入浴剤も、保湿成分が合わせて入っていない場合は血行を促進して体が温まる分肌の水分が蒸散しやすく、乾燥することも。風呂上がりにはしっかり保湿クリームを塗って欲しい成分です。

自分に合った製品を

保湿成分は実にさまざま!保湿効果を実感するためには、自分の肌質に合ったものが含まれる製品を選ぶ必要があると言えるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

 

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーエンリッチ無料サンプル

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner