保湿マスク、使い方を間違えるとニキビ・湿疹の元に

病気予防のため、アレルギー予防のため、日常的にマスクを使用する女性が増えています。近年人気が高まっているのが、保湿もできる機能性マスクです。しかし使い方を誤ると、ニキビや湿疹の原因になってしまうことをご存じですか?

マスク

保湿マスクとニキビの関係

保湿マスクとは、通常のマスク機能に加え保湿機能が高められている製品のこと。肌の乾燥を防いでくれたり、朝の喉のイガイガ感を防いでくれたり……と、女性にとってもうれしい効果がたくさんあるこの商品。内部に保湿力を維持するシートを入れて利用します。通常の製品よりもお肌への密着率が高く、マスク効果が高いと言われています。

花粉やウィルスなどの侵入を防ぐだけでなく、保湿効果もあるマスクは女性にとって強い味方です。しかし、マスクをしている部分にだけニキビが…といった、マスクが原因と思われるニキビ・肌トラブルも耳にします。保湿マスクとニキビ、関係があるのでしょうか。

マスクしている場所だけニキビができる原因とは

手軽で便利なマスクシートは、健康維持のためだけでなく、美容のために利用する女性も増えています。肌の乾燥を防ぐ効果を期待できるので、このケアにはよい点もあると言えるでしょう。しかし、注意しなくてはならない点も多くあります。正しい使い方をしないと、肌あれを起こしてしまったり、ニキビができてしまったりするのです。では、マスクをしている場所にだけニキビができる原因にはどういったものがあるのでしょうか?

原因1:湿度が高いと雑菌が増える

マスクの中は暖かく、湿度が高い状態になっています。そのお陰で口元や喉が潤うのですが、温度と湿度の高い環境は雑菌も大好き。しかも、蒸れることでエサとなる汗や皮脂も分泌されやすくなっています。つまり、マスクの中は雑菌が増えやすい環境になっているのです。

原因2:マスクと肌の摩擦でバリア機能低下

マスクと肌の摩擦が原因で、肌のバリア機能が低下してしまいます。特に、肌触りの悪いもの・抗菌加工したものなどは、肌へ刺激を与えてしまいます。バリア機能が低下した肌をまもろうと皮脂が過剰分泌されることにより、毛穴が詰まってニキビができてしまうのです。

原因3:マスクで隠れる部分はそもそもニキビができやすい

マスクで隠れる鼻や鼻の下、口周り、顎は、そもそも大人ニキビができやすい場所です。少しの刺激でニキビができてしまうのは、当然と言えば当然です。

ニキビができたら要注意!

保湿マスクをしていて、お肌が隠れている部分にニキビや湿疹ができるようになったら、それは雑菌による影響かもしれません。ぜひ一度マスクシートの使い方を見直してみてください。また、普段どおりのスキンケアでニキビを防ぎきれていないのかもしれません。マスクで隠れる部分は、ニキビ対策の特別なスキンケアを試してみましょう。

1.マスクは1日1日新しいものを

1日使ったマスクは雑菌でいっぱいです。最低でも1日1回、できれば午前と午後の1日2回程度新しいものへ交換するようにしましょう。

2.時々空気の入れ換えを

花粉症の場合は外でマスクをはずすことはできませんが、屋内にいるときだけでも時々マスクをはずして空気の入れ換えをしましょう。マスクをはずすことで、湿度を下げることができます。定期的な空気の入れ換えは、雑菌の繁殖を抑えるのに有効です。

3.マスクは刺激の少ないものを選ぼう

肌触りが悪かったり、顔の形に合わないマスクは、肌への刺激が強いため避けましょう。また、マスクの中に保湿ティッシュや肌触りのよい布を挟んでおくと、肌への刺激が減るためおすすめです。

4.マスクで隠れる部分はニキビケアのスキンケアを

マスクで隠れる部分にのみ、ニキビケアの化粧品を使いましょう。ニキビケアの化粧品は殺菌効果が高いため、ニキビ予防に効果的です。

5.摩擦で弱ったバリア機能はセラミドを補って

摩擦で弱ったバリア機能を回復させるため、しっかり保湿をしましょう。角質層にも含まれるセラミド配合の化粧品はおすすめです。

夜、マスクをつけたまま寝るのはあり?

花粉症や風邪などで喉が弱っている・口周りの乾燥が気になるなどの保湿目的でマスクをしている方は、寝るときにもつけているのではないでしょうか。肌トラブルがなければ特に問題ありませんが、ニキビが既にある方はやめておいたほうがよいでしょう。また、マスクが原因でニキビができやすい方は、特にニキビのできやすい生理前などはマスクをしたまま寝るのは避けたほうがよいでしょう。その代わり、枕元に加湿器を置くと顔周りの湿度を上げられます。部屋全体は加湿できない小さな加湿器でも、近くにおくとしっかり加湿できますよ。どうしてもマスクをしないと眠れないという方は、口周りをパックするなどの特別な保湿と、ニキビケアを忘れずにしましょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

記事一覧

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

Fotolia_85631067_XS

目の周りの乾燥対策~赤み・かゆみ・小じわを防ぐ方法まとめ~

目の周りの乾燥、気になりませんか?目の周りは他の部分と比べて皮膚が薄く皮脂腺が少ないため、特に乾燥しやすい部分。単なる乾燥と放っておくと、小ジワの原因になるだけでなく、赤みやかゆみなどトラブルの元に!目の周りの乾燥を防ぐ方法をまとめました。

スギ花粉

2015年関東の花粉飛散量は5割増も! 症状が出る時期は2月から

毎年春になるとお悩みの方が多い「花粉症」。2015年度の花粉飛散量は最も花粉が飛散する地域は関東〜東海の多いところでは平年の5割増となる見込みとの予測が出ています。そこで、「ドクターシーラボ」は「花粉症による肌あれ」に関する実態調査を行いました。

ニキビ跡

気になる“ニキビ跡”“虫刺され跡”を残さない秘訣は○○を取り入れること!

傷やニキビはせっかく治ったのに顔に“跡”となって残ることが多いですよね。また、あなたの足や腕には一年前の虫さされの跡は残っていませんか?夏なので肌を見せる事も多いこの時期、何かと毎年のようにできてしまう“跡”って結構気になるものですよね。そんな顔や身体の気になる“跡”について、アンケートにて意識調査を行い、結果をまとめました。

Similar

Recent Post

右バナーエンリッチ無料サンプル

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

4927_14_12_1_P05_01

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

2016年「今年の漢字」が「金」に決定しました!

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner