乾燥肌なのにニキビができる!そんな方の化粧品選びを教えます

肌が乾燥してカサカサ粉ふきしているのに、ニキビも併発!乾燥肌用の化粧品は油分が多くニキビの悪化につながるのでは?と不安だし、かといってニキビ用脂性肌タイプの化粧品はスースーして保湿力が足りない…こんな悩みはないでしょうか?このような方の化粧品の選び方、こっそり教えます。

乾燥肌でもニキビができる・・・その原因とは

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあります。思春期ニキビの原因は、成長ホルモンに促され、皮脂が過剰分泌されることにあります。それに対し、大人ニキビの主な原因は、ストレス、睡眠不足や食生活の乱れ、化粧品にスキンケア、と、多岐にわたります。乾燥肌で肌がかさついているのに、ニキビができてしまう…これは大人の肌に起こりがちなトラブルです。大人ニキビも思春期ニキビと同様、皮脂が毛穴に詰まることによって起こります。乾燥肌なのに、なぜ?と思うかもしれませんが、乾燥肌だからといって皮脂分泌が少ないというわけではありません。

乾燥すると毛穴が詰まりやすくなる

乾燥した肌は、健康な肌に比べ角質が残りやすいため、硬く厚くなっています。その角質が毛穴の入り口を塞いでしまい、皮脂が肌表面に出にくくなります。肌の乾燥で毛穴が詰まりやすくなるのはこのためです。

皮脂の多量分泌も実は乾燥肌が原因の場合もあります

皮脂の分泌が多い方のなかには、ふき取ってテカリを防止している方も多いと思います。しかし、これは逆効果。皮脂の分泌は体からのサイン。乾燥肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されていることがあります。

乾燥肌用・脂性肌用の化粧品で悪循環

乾燥肌と脂性肌、両方の性質を持っているのに、ニキビができるからといって脂性肌用の化粧品を使っていませんか?これは間違ったスキンケアです。脂性肌用の化粧品では保湿が十分にできません。そのため乾燥部分の毛穴が詰まりやすく、結果ニキビにつながってしまいます。その逆もまたしかり。油分が多すぎる乾燥肌用のクリームを使いすぎることで余分な油分が酸化し、ニキビにつながってしまいます。

乾燥肌対策とニキビ対策、両方同時に行うには?

肌の乾燥が大きな原因となる大人ニキビは、まず乾燥肌対策から入ります。 洗顔のし過ぎで乾燥している場合は、朝の洗顔をぬるま湯で洗うだけにしてみてもよいでしょう。また、洗顔方法の見直しも重要です。洗顔料はしっかり泡立て、ゴシゴシ擦らずやさしく洗いましょう。また、お湯はぬるめで、しっかり流すことを心がけてください。化粧水はたっぷりつけ、週数回はシートマスクで水分を補いましょう。 乳液は、乾燥の酷い部分には重ねづけし、皮脂が気になる部分には薄くつけるようにしてもよいでしょう。それでも皮脂が減らない場合は、皮脂分泌を抑える成分が配合された化粧品を気になる部分にのみ使いましょう。

ニキビの原因になる皮脂・テカリ対策

べたつきテカリ…気になるからとあぶらとり紙などでしっかり取っていませんか?しかし、皮脂を取りきってしまうのはNG!油分不足と勘違いした肌は、また過剰に皮脂を作ってしまいます。どうしても気になる場合は、あぶらとり紙の代わりにミスト化粧水をひと吹きした後、ティッシュで軽く押さえるとよいでしょう。ほどよく皮脂が取れる上、保湿もできて一石二鳥ですよ!

今乾燥肌?脂性肌?28日サイクルを理解する

皮脂の分泌が多い方は、ふき取ってテカリを防止している方が多いと思いますがこれは逆効果。皮脂の分泌は体からのサイン。乾燥肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されていることがあります。保湿することで皮脂の分泌も減って、乾燥肌対策もできるという一石二鳥!徹底的な保湿は、乾燥肌にもニキビ肌にもプラスなります。だたし、油分が多い化粧品には注意が必要です。化粧品の油分もニキビ悪化の原因になることもあります。肌の様子を観察しながら化粧品を選んでください。

こちらもあわせてお読みください⇒化粧品のプロが教える、誰でもできる乾燥肌対策

ホルモングラフ

乾燥肌と併発するニキビは大人ニキビが多く、大人ニキビは生理前にできることが多いのはご存知でしょうか?これは、排卵期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響で皮脂の分泌量が増えるのです。この時期にニキビができ、生理が始まると減ってくるという方はこの周期を最初に理解するのが乾燥肌&ニキビ肌の改善の第一歩です。

上記の「黄体期」にニキビが集中する方にお勧めしたいのが、化粧品の2週間スイッチ卵胞期2週間は乾燥肌用の油分多目のラインを使い、黄体期2週間はニキビ肌用の殺菌効果が高いラインを使うというテクニックです。これを行うことで、乾燥肌にもニキビにも対応が可能です。

ニキビのできる場所を確認し、化粧品の部分使いにチャレンジ

ニキビができる部分

ニキビができる場所は決まっていますか?
大人ニキビは顎に多く、頬は乾燥している方が多いようです。上記のようにTゾーンやUゾーンは皮脂が多いエリアになります。ニキビができる場所が集中している方は、顔のエリアに別々の化粧品を使うことをお勧めします。顎ニキビがひどい方は顎だけ脂性肌用の化粧品を使い、それ以外は乾燥肌用の化粧品を使います。ニキビ対策の化粧品は皮脂の分泌を抑える作用があるので、鼻周りなど化粧崩れが気になる箇所に使うことも効果的ですね。

化粧品を2種類用意することはとても負担になりますが、半々で使うので1ヶ月用が2ヶ月もつことになり、コスト面でマイナスはありません。2種類使うことの面倒さはありますが、深刻な乾燥肌のニキビ対策・・・一度試してみませんか?

 

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーエンリッチ無料サンプル

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner