活性酸素をやっつけろ!化粧品の人気抗酸化成分ご紹介

活性酸素

テレビで何度も紹介されている「活性酸素」。それは老化と結びつくものであると、なんとなく分かっていても、どんなものか実際よく分からないという方のために、美肌に大敵!活性酸素とそれに働く「抗酸化成分」を詳しく解説します。

活性酸素とは

大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称である(ウィキペディアより)。
分かりやすい言葉で説明すると活発化した酸素のことです。元々酸素自体が他のものと結びついて燃やしたり錆させたりする活発な物質なのに、それがさらに活発化したもの・・・と考えるとちょっと怖いですよね。
その活発な活性酸素は、どう体に悪いのかといいますと、その激しい酸化力で人の体を攻撃するのです。
あまり知られてはいないですが、肌にも活性酸素は発生・存在し、肌を攻撃しているのです。

活性酸素はなぜ肌に発生するの?

活性酸素の発生

私たちの生活の中の、いたるところで活性酸素は発生しています。原因の一番は紫外線。皮膚老化の原因、80~90%は紫外線によって発生する活性酸素だと言われています。

発生原因 発生理由・肌トラブル
紫外線 ≪紫外線≫
紫外線を浴びると活性酸素が発生
・UVA(皮膚の奥に影響) シワ・たるみの原因に
・UVB(皮膚の表面に影響) しみ・炎症の原因に
汗 ≪汗≫
汗が酸化して活性酸素が発生
・皮脂と混ざって雑菌が発生、臭いの原因に
油 ≪油≫
酸化して活性酸素が発生
・ニキビ、毛穴の黒ずみの原因に
刺激 ≪刺激≫
刺激エネルギーにより活性酸素が発生
・炎症やかゆみ、色素沈着の原因に

抗酸化成分が入った化粧品でアンチエイジングを考える

ストレスや紫外線・・・いろんなものが原因となって肌にも発生してしまう活性酸素。
対策するなら、「抗酸化」と呼ばれる成分で活性酸素を無害化することがオススメ。抗酸化と呼ばれる、活性酸素と戦ってくれる成分はコエンザイムQ10、アスタキサンチン、フラーレンなどが有名ですね。
コエンザイムQ10やアスタキサンチンは「速攻型」の抗酸化成分で、フラーレンは「持続型」の抗酸化成分になります。
得意分野を表でまとめてみました。

活性酸素対応表

抗酸化成分がすべての活性酸素に対応できるわけではないので、うまく組み合わせると幅広く対策できる!というわけです。

ご覧のとおり、最新成分のフラーレンはかなり期待できそうですね!
抗酸化化粧品選びの参考にしてくださいね。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナーエンリッチ無料サンプル

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner