花粉による肌荒れ対策まとめ~生活習慣からスキンケア・メイクまで~

 花粉の飛散が増える2月~4月、くしゃみや目のかゆみだけではなく、肌荒れの症状に悩まされる人が少なくありません。花粉による肌荒れの対策方法を、生活習慣からスキンケア・メイクの方法、ちょっとしたコツまでまとめました。

 「花粉による肌荒れ」が増えている?

 「花粉の時期になるとなぜか肌がピリピリする」「肌が赤くなって、化粧水がしみやすくなる」という女性も多いのではないでしょうか。

こちらをご覧ください。2014年にドクターシーラボが行ったアンケートでは、花粉症の人の7割が「肌への影響がある」と答えています。

 

 

 具体的な症状として一番多かったのは「肌が乾燥する」で、ほぼ6割に達しました。次に「肌が荒れてヒリヒリする」(41%)、「肌が赤くなる」(23.8%)、「化粧ノリが悪くなる」(19%)と続きます。花粉が飛ぶ時期は、お肌の乾燥や刺激に悩まされている様子がわかります。

>その症状、花粉症かも!? 2014年調査で8割が「目」「鼻」7割「肌荒れ」

 

花粉で肌が荒れる原因とは

 「目や鼻がムズムズかゆい、鼻水が止まらない!」。そんなつらい症状があるときは、つい目をこすったり、ティッシュで鼻を一日中かんだりしてしまいます。マスクをすると鼻や頬の皮膚が覆われ、つねにこすれている状態に。花粉症の時期に肌の調子が悪くなる原因のひとつは、この摩擦です。こすれると厚さ0.07~0.2mm程度しかない繊細な表皮がめくれて、赤み、粉吹き、顔のかゆみ、腫れといった「花粉症皮膚炎」の症状が出てしまうことがあるのです。

 

 花粉症皮膚炎の原因は摩擦だけではありません。まだ湿度が低く、寒暖差も激しい春。紫外線もどんどん増していくため、乾燥も肌荒れの大きな原因になるのです。

もともと肌の一番表面にある角質層は、水分をたっぷり含んだジェルバッグのような細胞間脂質がブロックのように積み重なって、お肌を刺激から守っています。健康な状態なら約30%の水分が含まれているはず。ところが乾燥や摩擦でお肌の水分量が減ると、細胞間脂質にどんどん隙間ができ、花粉やホコリ、紫外線などの刺激が入り込んで、表皮細胞がアレルギー反応を起こしやすくなるのです。ピリピリヒリヒリの原因は、こんなところにあったのですね。

 

花粉症皮膚炎が進行すると、たるみやクマの原因に…

 乾燥した状態をほうっておくと、影響は角質層の下にまで及んできます。肌のハリやもっちり感を支えているコラーゲンやエラスチンが失われていき、たるんでしまうのがそのひとつ。また、肌をこすりすぎると色素沈着を起こし、黒いクマが目の周りにできたり、鼻の周りだけ色が変わってしまったりすることも。花粉症の時期にドヨーンと疲れた老け顔に見えるのには、ちゃんと理由があるのです。

 >花粉皮膚炎にご注意!肌を守るためにできること

 

花粉のほかにも肌荒れの原因となる物質があった?「PM2.5」「黄砂」とは?

車を外に置いておくと、ホコリなのかチリなのかわからない粉がうっすらつもっていることがありませんか?最近、ニュースで「PM2.5」や「黄砂」が飛んでいるという情報を目にすることが多くなりました。

 PM2.5やPM10は大気汚染の原因となる粒子状物質で、自動車の排気ガスや工場の排煙として空気中に飛散します。硝酸塩、アンモニウム塩などさまざまな物質が含まれ、人の皮膚に付着すると汗腺や毛穴の皮脂腺をふさぎ、肌の排泄機能が疎外されて肌荒れを起こすといわれています。一方、黄砂の正体は中国大陸のゴビ砂漠や黄土高原で風に巻き上げられた土や鉱物の粒子が、大気中の汚染物質を取りこみ、偏西風にのって日本に飛んできたもの。こちらもアレルギー症状を起こす原因になります。

 何が怖いのかというと、こういった大気汚染物質には、「硫黄酸化物」や「窒素酸化物」など、肌に酸化ダメージを与える物質が含まれていること。特にPM2.5は粒子がとても細かく、肺や肌の奥にまで入り込みやすいのです。肌荒れはもちろん、肌老化や健康被害まで引き起こしてしまいかねません。

花粉症・肌荒れ

写真データ:東京都環境局提供

(スギ花粉よりずっと細かいPM2.5。人間の髪の毛と比較すると粒子の小ささがよくわかる。)

 

PM2.5や黄砂が日本に飛んでくる時期は、2月~4月が中心で、花粉の時期とかぶっています。

花粉症・肌荒れ

 出典:国立環境研究所 環境GIS「大気汚染予測システム(VENUS)」より

(国立環境研究所 のサイトでは、地域別のPM2.5や黄砂などの飛散予測を見られる。)

 ちょうど春先は、寒暖差や紫外線の影響に加えて、卒業や転居などの生活環境の変化から自律神経の乱れによっても肌荒れが起きやすい時期。美肌と健康を守るためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

花粉や汚染物質から肌を守るための対策

 マスクやスプレーなどのグッズ対策もありますが、大切なのは肌のバリア機能を高めて、粒子を寄せ付けないようにすることです。

 

生活習慣

 水分をたっぷり含んだプリプリ肌は、細胞間気質がみっちり密集している状態です。ところが古い角質が残っていると、バリア機能が正常に働かないことも。花粉や粒子状物質から肌をガードするためにも、たっぷりの睡眠と健康的な食生活でお肌のターンオーバーを正常に促しましょう。

 ビタミンAは、お肌や粘膜を健康に保つために必要なビタミン。また「美肌のもと」として知られるビタミンCや、免疫機能を向上させるビタミンB群とともにたっぷりとりたいですね。これらを効率よく摂取するには、レバーやうなぎ、ニンジンなどの緑黄色野菜を使ったメニューがおすすめです。

花粉症・肌荒れ

 

また栄養素をしっかり吸収するためには、腸内環境も大切です。特に腸内を健康に保ってくれる乳酸菌は、最近アレルギー症状を改善させる効果でも注目されています。

とはいえ、ビタミンや乳酸菌を食事だけで補うのはなかなか大変。普段の食生活にサプリや青汁などを上手に取り入れると、健康なお肌をキープしやすくなります

 

スキンケア方法

 お肌がピリピリするという人は、肌のバリア機能が低下している状態です。花粉や黄砂が飛ぶ時期には「お肌を極力触らない」ことが大切。ゴシゴシ洗顔をしないのはもちろん、洗顔料を使う回数を控えめにしましょう。「朝はぬるま湯洗顔だけに変えたら、お肌の調子が良くなった」という人もいます。

また、スキンケアはお肌に優しい敏感肌用に変えてあげましょう。特に大切なのは保湿。たったひとつで化粧水、乳液、美容液などマルチな役割をしてくれるオールインワンゲルなら、なるべく肌を触らずに、しっかり保湿できます。特に肌のバリア機能を高めるセラミドなどが含まれたゲルがおすすめです。

 

メイク方法

健康なお肌のためには、メイクをしたらきっちり落としきることが大切です。でも、メイク落としは成分の面でも、摩擦の面でも実はお肌に負担をかけてしまう行為です。そこで花粉症の時期は、なるべくクレンジングの必要がないように、ベースメイクを軽めにしましょう。

おすすめは、落としやすいミネラルパウダーです。肌の質感は「しっとり」がいいという人も多いのですが、春は花粉が肌に密着しないようにサラサラの状態に保つことが大切です。そういった面でも、肌に負担の少ないミネラルパウダーは優秀です。お肌が敏感になっているときは、無香料、無人工着色料、無鉱物油、パラペンフリーのパウダーを選ぶようにしましょう。

目の周りなど皮膚が薄いところは特に肌が荒れやすいので、アイメイクも控えめにしてあげましょう。特にまつ毛を上げると目に花粉が入りやすいもの。この時期だけでもビューラーやマスカラを控えめにしてはいかがでしょうか。

 

肌を守るひと手間

 マスクはつけても、意外と気にしていないのが、洋服や髪につけたまま家に持ち込んでしまう花粉です。外出時は花粉がつきにくく、落としやすい素材の洋服を選びましょう。花粉やPM2.5を防ぐスプレーなどで対策をするとさらに効果倍増!

花粉症・肌荒れ

外出から帰宅後は「髪をとかしてから玄関へ入る」も◎。玄関先ではしっかり花粉を払って、アレルゲンを家に持ち込まないよう気をつけましょう。また、すぐに手洗い・うがいとともに顔を水洗いするだけでも、花粉はかなり落ちることが知られています。

髪をまとめたり、眼鏡やスカーフ、マフラーなどで肌に花粉が触れないようにしたりすることも有効です。肌に触れる下着や布団、タオルなどの洗濯についても、この時期だけは室内干しがおすすめです。

 

症状がひどいときには皮膚科へ

 「自宅ケアやいろいろな花粉対策を試しても肌荒れが治らない…」「激しいかゆみがおさまらない」「じんましんのような発疹が出てただれてしまった」「外で干した服や下着をつけたら、粘膜に炎症が」…。そんなときは無理をせず皮膚科へ行きましょう。

 

花粉症・肌荒れ

 

スギ花粉などそれぞれのアレルゲンに対する抗体のテストをしたり、アレロックなどの内服薬や、ステロイド軟膏などの症状に合った薬を処方してくれたりします。

 春は花粉症ではない人にはなかなかわからない、つらいシーズン。かゆみや肌荒れに少しでも悩まされず、笑顔で乗り切れるように、体の内側も外側もしっかり対策をしましょう!

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

右バナー売れ筋

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner