生理前になると起こる肌荒れ、その原因と対策とは?

ニキビやシミなど生理前に肌の調子が悪くなるのは、ホルモンバランスが大きく関係しています。生理(月経)はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌によって生まれます。生理前はこのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える時期です。女性が肌や身体の不調を訴えるのもこの時期が多いです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用

生理前に増えるエストロゲン(黄体ホルモン)は、皮脂の分泌を盛んにさせる作用を持ちます。生理前にニキビやブツブツした肌荒れが表れるのは、この黄体ホルモンによって一時的に多く分泌された皮脂が毛穴につまることが原因です。生理が始まり数日経過すると、今度はエストロゲン(卵胞ホルモン)が増え始めます。エストロゲン(卵胞ホルモン)は新陳代謝を高める作用を持ちます。つまり、生理が始まってから約2週間は、このエストロゲン(卵胞ホルモン)により肌コンディデョンがよくなります。その後、生理までの約2週間はエストロゲン(黄体ホルモン)の影響で肌トラブルが多くなる、といったサイクルになります。

肌荒れのケアはタイミングがポイント

生理前のニキビに悩まされている人は、ホルモン周期を考えてケアをするのが、改善への近道です。たとえば、ピーリングケアは肌トラブルが皮膚表面に出やすいタイミング、つまり生理前に行うと、より高い効果を期待できます。保湿力が高い化粧品や、弾力ケア・エイジングケアの濃い化粧品は生理の後で使い、生理前は肌荒れ化粧品を使うという2種類の使い分けが、肌荒れ改善に効果的。生理前だけ肌荒れする方は、高温期と低温期では“肌は別の人”であると考えた方がよさそうです。

スキンケアやメイクを見直す

肌トラブルが増える時期にも同じ化粧品を使っている人はいませんか。同じ顔でも、生理前と後ではコンディションが変わります。肌トラブルが多い生理前だけは、ニキビ肌用や敏感肌用のスキンケアラインを使う、脂の多いファデーションを控える、などアレンジが必要です。

食事面での予防は?

生理の約2週間前からは脂分の多い食事をさけ、ビタミン類を多く取り入れたメニューを心がけましょう。また、生理中にダイエットでカロリーの摂取量を抑えるのは危険です。生理中は貧血を起こしやすいため、鉄分を積極的に摂ることが大事です。鉄分不足が新たな肌荒れを引き起こすこともあるからです

6時間以上の睡眠をとりましょう

睡眠時間をたっぷりとることも美肌を保つにはとても大切です。できれば6時間以上、良質な睡眠をとりましょう。とくに肌のゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時の間に睡眠をとるように心がけましょう。

 

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner