赤ちゃんもニキビはできる?新生児ニキビの原因と対策

赤ちゃんのニキビは汗による毛穴の詰まり、寝具の汚れによる肌ストレス、母親から受け継いだホルモンなどが影響して発生します。基本的には肌や寝具を清潔に保つことで予防できますが、悪化した場合はクリニックに相談するのが良いでしょう。

新生児ニキビ

赤ちゃんニキビの原因は毛穴の詰まり

思春期の頃にできるニキビや大人ニキビは、毛穴に詰まった皮脂の周りでアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことによって発生します。また、ホルモンバランスの乱れや睡眠不足、ストレスなどの生活習慣が原因となることもあります。赤ちゃんのニキビも大人と同様に、皮脂や汗をかいて毛穴がつまってしまうことなどが発生の原因です。また、肌に触れる枕やシーツなどの寝具が汚れていたりすると、デリケートな赤ちゃんの肌が過敏に反応してニキビができることもあります。

お母さんから受け継いだホルモンも関係?

赤ちゃんは生まれたときに、お母さんからのホルモンを受け継いでいます。まだ十分に発達していない赤ちゃんの毛穴は、このホルモンの影響によって皮脂や汚れを毛穴にためこんでしまうこともあるのです。このホルモンによるニキビは、赤ちゃんの体が発達すると共に次第に緩和されるので心配ありません。

赤ちゃんニキビの具体的な対策

それでは、赤ちゃんニキビの具体的な対策法をいくつかご紹介しましょう。

 1.赤ちゃんの肌を清潔に保つ

大人のニキビ対策と同じように、赤ちゃんのニキビも、肌を清潔に保つことで予防できます。お風呂に入れるときには、ベビーソープで体を丁寧に洗ってあげましょう。そして、泡が残らないようにしっかりと洗い流してあげることが大切。お風呂上りに洋服を着せる際には、オムツや洋服で肌がかぶれている部分がないか、毎日確認してあげると良いでしょう。

2.寝具はこまめに洗濯すること

大人よりも睡眠時間が長い赤ちゃんにとって、寝具が汚れているのは肌にとって大きなストレスとなります。寝具はこまめに洗濯をして、天気の良い日はお布団を外に干してあげましょう。最近は、デリケートな赤ちゃんの肌にも優しい、オーガニック素材を使用した寝具なども人気です。

3.お風呂上りはしっかり保湿

大人ニキビと同様に、肌の乾燥も赤ちゃんニキビや湿疹などの肌トラブルの原因になります。お風呂上りは肌が乾燥しがちなので、しっかりと保湿をしてあげましょう。保湿アイテムは、大人と同じスキンケアアイテムではなく、赤ちゃん用の低刺激ローションやクリームをセレクトしてください。

症状が悪化したら皮膚科や小児科を受診

赤ちゃんニキビは、ほとんど自然に消えていくものなので過度に心配することはありません。しかし、赤く腫れ上がってしまったり、広範囲にできてしまったりする場合は、すぐにクリニックを受診するようにしましょう。皮膚科に相談しても良いですし、いつも通っている小児科があれば、まずは受診してみることをおすすめします。

 

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner