肌の赤み[紅斑]が出る理由、その対策とは

気温が下がってくると肌がヒリヒリ赤みを帯びてくる方は、赤ら顔でお悩みではないでしょうか?その赤みの原因は「紅斑」と呼ばれる毛細血管拡張なのです。 肌

肌の赤みの原因「紅斑」が出るのはなぜ?

肌の赤みである「紅斑」が出る理由はいくつかあります。主たるもので、ニキビ、乾燥肌、肌荒れ、日焼け、摩擦やマッサージなどが挙げられます。では、秋~冬に赤みが出やすいのはなぜなのでしょうか?原因は大きく2つ。1つ目は、肌の乾燥。肌が薄くなるため血管が透けやすく、少しの刺激で炎症やかゆみをおこしやすくなっています。2つ目は、毛細血管が広がりやすくなっていること。寒い屋外から暖かい屋内に入ると、毛細血管が急激に拡張し、血管が肌に透けやすくなります。このとき、適度な厚みと水分の蓄えられた健康な肌であれば、肌の水分で血液が冷やされ、ある程度毛細血管の拡張も抑えられます。ところが、乾燥により水分が少なく薄くなってしまった肌では、血液を冷やせないうえ、拡張した血管が肌に赤く透けやすいのです。他の季節に比べ、秋~冬に紅斑が出やすいのはこのためです。

赤みを放っておくとどうなる!?

ただの赤みと放置していると、肌のバリア機能がどんどん低下します。酷くなると、肌がひび割れ角質が剥がれ落ちる「乾皮症」や、フケや湿疹・炎症、かゆみに加え、患部から出た浸出液がかさぶたになる「皮脂欠乏性湿疹」となってしまうことも。こうなると、治療に時間と根気が必要となるだけでなく、治っても色素沈着が残ってしまうこともあります。 たかが肌の赤み、されど肌の赤み。早めの対策が重要です。では具体的にはどうすればよいのでしょうか?

赤み予防の近道、それは「乾燥肌対策」

上記で述べたとおり、肌の赤み「紅斑」が出る原因は多岐にわたります。しかし、肌に潤いが保たれていれば悪化を防ぐことができる点は共通しています。保湿効果の高い基礎化粧品を使い、スキンケアは毎日怠らないようにしましょう。敏感肌で保湿化粧品が使いにくい人も、敏感肌用スキンケアを使いできるだけ保湿してください。加えて、洗顔の見直しも大切です。刺激の強いスクラブ入り洗顔料・ピーリングは控え、ゴシゴシ洗わないようにしましょう。また、改善が見られない場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

他にもできる肌の赤み対策とは

スキンケア以外でも赤み対策はできます。肌荒れの大敵、睡眠不足やストレスを避け、バランスのよい食事を心がけましょう。お風呂で汗をかき、新陳代謝を上げるのもよいでしょう。その際、湯上がりすぐの保湿もお忘れなく。逆に、香辛料や塩分、アルコールの摂りすぎはNGです。生活リズムを整え、肌の赤みを防ぎましょう。

一言コメントも募集中!

Twitterでみんなに教える

共有・ブックマークする

  • Yahoo!ブックマークに登録

Similar

Recent Post

Ad_Rotate_Sidebar

注目の特集

すべての特集を見る

肌荒れ対策委員会

肌荒れ対策委員会

美白の鬼

美白の鬼

本気のエイジングケアをしよう!

本気のエイジングケアをしよう!

毛穴の悩みレスキュー!

毛穴の悩みレスキュー!

美肌情報

美肌情報

根本から考える乾燥肌対策

根本から考える乾燥肌対策

Featured Category

美肌情報

すべての記事を見る

きれいな肌

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

目指せ陶器肌!透明美肌をつくるメイクテクニック

肌断食 乾燥 ニキビ

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

効果のでる簡単な肌断食のやり方~ニキビ・角栓・乾燥~

Fotolia_25627721_XS

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

シミ隠し用コンシーラーの選び方・使い方

ツヤ肌 メイク

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

ツヤ肌を作る簡単メイク方法を教えます

UV

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

日焼けとシミの関係~シミを作らない生活法~

Fotolia_92291029_XS

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

夏の化粧崩れに!速攻メイク直しテクニック

Recent Products

Popular Posts

人気記事ランキング

最近読まれている人気記事

 新連載!人気美肌記事!

Banner